ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

持ち物よりも こだわりたいもの

 

 f:id:astudyinscarlet:20180130155011j:plain

 

わたしは以前あらゆる持ち物にいちいちこだわっていたのですが、中でも文房具には並々ならぬこだわりがありました。

 

今でも多少は好きなものを選んで使っていますが、以前ほどには拘泥していません。

 

 

特に変わったと思うのは、仕事で使う文房具についてです。  

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

最低限の自分の文房具は持っていますが、それ以外は、余っているものとか、もらったものとか、何でもあるものを使います。

 

この記事にある卓上カレンダーももらいものです。

(今は使っていませんが)

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

  

 

わたしの仕事のほとんどはPCで行います。

筆記具も使いますが、筆記具のデザインや性能で「よい仕事ができる」というわけではありません。ある程度のもので十分です。

 

仕事に没頭すると、それどころではない、という面もあります。

 

  

以前の自分には、もらいものの変なふせんとか、コピーの反故紙とか、適当なボールペンとかを使うなんて考えられないことでした。

今となっては、どうしてそんなことにこだわっていたのかとすら感じます。

こだわりの文房具でなければ仕事ができないわけではないし、できないとしたらむしろ問題です。

 

今は、道具にこだわるより、仕事の内容にこだわりたいと思っています。

持ち物を褒められるより、自分の仕事を認められる方が、何倍もうれしいです。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com