ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

宵越しのレシートは持たない

 

 

 

レシートを翌日まで財布の中に入れていたことがない

 

旅行などの場合は除く

 

ただし旅行であっても一人の旅行であれば

その日の夜にホテルでレシートを整理してしまう

 

別に「お金が貯まる人は財布の中にレシートを溜めない」みたいなことを信じているわけではない

 

それが本当なら

今頃私は大量のお金を持て余していることだろう

 

お金持ちが大切にしている 財布の習慣

お金持ちが大切にしている 財布の習慣

 

 

 

レシートを溜めない習慣は幼い頃からすでに確立されていた

誰に言われたわけでもない

自然にそうしていた

 

似たところでは

私はお札の向きを必ず揃えるし

999円以上の小銭を財布に持っていることもなかった

 

物心ついたときには

細かく小銭を出し

5円とか50円とかをもらうことをふつうにやっていた

 

自分はこれが当たり前だと思っていたので

 

「私A型で几帳面だから、お札の向きを揃えないと気が済まなくって」とか

「最近小銭がたまらないように意識して使ってるんだ」とか

「細かくおつりの計算してお金出す人って気持ち悪い」とか

「財布の中にはレシートがいっぱいですよね? まずはこれを断捨離しましょう」

とかの話をはじめて聞いたときは

ちょっとしたカルチャーショックだった

 

お札の向きを揃えることも

小銭が重複しないようおつりを計算することも

レシートを財布に溜めないことも

自分にとってはあまりにも当たり前のことだったので

「そうじゃない人がいること」

「そうじゃない人の方が大多数であること」に驚いた

 

(なぜ細かく出すことが「気持ち悪い」と思われるのかは、いまだに理解できていない)

 

 

f:id:astudyinscarlet:20190130161112j:plain

 

私は自分が几帳面だとは思わない

 

部屋の掃除はサボりがちであるし

洗い物を翌朝まで放置したりもするし

早起きもできないし

せっかくの貴重な休日を

スマホを見てだらだら過ごしてしまったりする

 

しかしそんな風に怠惰に暮らしていても

レシートは財布から出す

 

 

 几帳面な面も、ずぼらな面も、どちらもある

 

もっともこれは

ほとんどすべての人において言えることで

 

何ができて何ができないかということは人それぞれだから

ずぼらとか几帳面とかは

一概には言えないことだと思う

 

 

私は宵越しのレシートは持たないが

これは私が「レシートを財布から出すという習慣の人」だからだ

 

努力などはしていないし

ごく当たり前に行っている行動のひとつにすぎない

 

どうせなら

ごく当たり前に部屋の掃除ができたり

ごく当たり前に洗い物を片づけられたり

ごく当たり前に早起きできたり

ごく当たり前にベンチャー企業を立ち上げて成功してしまう方がいいのだが

 

残念ながら

私の生まれ持った能力は「レシートを財布から出す」ことだ

 

ないものねだりをしても仕方ないので

 

がんばらなくてもできることが

ひとつあるだけでも良しとしよう

 

 

ただ

いくら私がレシートを財布にためないといっても

今のようなレシート文化ががずっと続くことを望んでいるわけではない

理想を言えば

余計なものは何も受け取りたくない

 

支払いで手がふさがっているときに

レシートとかチラシとかクーポンとかポイントカードとか

こちらが望んだわけではないものを

いろいろ渡されるのは手に負えない

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

長いようで短い人生だ

 

「買い物のレシートやクーポン券に煩わされる時間」なんていうものは

少ないに越したことはない