minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

お金と経済の話

世の中の不正に対してあまり怒りを感じなくなっている

どこかの学校で、勤務実態のない職員に高額の給与を支払っていた、ということがわかり、ニュースになっていた。 世間はこれに憤慨しているらしい。もちろん、本気ではらわたが煮えくり返っている、というわけではないだろうが、「けしからん」というポーズを…

フェアトレードの途上国、ブラック企業の先進国

「フェアトレード」という言葉に違和感がある。 この言葉が、途上国側のシュプレヒコールとして使われるのならばなんの違和感もない。しかしフェアトレードを声高にアピールしているのは先進国のほうだ。 フェアトレードとは 「適正な価格」は誰が決める? …

サービスの「まとめ買い」。未来の判断を先に行うと安くなる(ように見える)

当ブログは、はてなブログの有料プラン「はてなPRO」を利用しています。 はてなPROは月額1008円。1年コースだと月額703円、2年コースは月額600円です。 はてなPROを利用しているブロガーさんはほとんどが2年コースを申し込んでいるようです。安くなりますか…

「参加しない」という姿勢が認められているから、ハロウィーンを容認できる

わたしはイベント事で騒いだりすることはあまり好まないが、ハロウィーンに対してはあまり嫌悪感を感じていない。 それどころか、メディアがもたらす情報を少し楽しんでさえいる。 ハロウィーン(「ハロウィン」ではなく「ハロウィーン」らしい)は今のとこ…

「消費は投票」と言うけれど、1円の格差は1票の格差どころではない

1円の価値は万人に等しいか? 消費は「投票」だが、「普通選挙」ではない 自分目線か、他人目線か 「美人投票」とは 「美人投票」的な消費 消費は投票、の疑問点 1円の格差は、1票の格差どころではないから 1円の価値は万人に等しいか? 1円で何が買えるか、…

100円のものでも大事にすればいいと思う

安物買いの銭失い。 安かろう悪かろう。 安いことは何かと目の敵にされがちです。 断捨離したら、100円ショップで買ったものはほとんど残らなかった、なんて話もよく聞きますね。 私は、安いから、100円だから悪いとは思いません。 たしかに、作りが甘かった…

「モノは最低限、幸せは最大限」を「経済学」で考える。ミニマリストは幸せか?

はじめに 効用について 限界効用逓減について 最適な消費量/限界効用は本当に逓減するのか? 効用の過大評価/効用を正しく評価できているか? ミニマリストになると幸せになれるの? 最後に はじめに 昨今のミニマリストブームにより、「ミニマリストにな…

定額制サービスの「見放題」「聴き放題」って実は間違った認識なのかもしれない

最近、オーディオブックの「audible」の広告をよく見ます。 定額制動画配信サービスに定額制音楽配信サービス、さらには定額制のオーディオブックサービス。そんなに消化できません。 見放題・聞き放題は無限ではない 見放題、聞き放題といったって、見たり…

物流の20年。「サン宝石」から「Amazon Prime Now」まで

半日ちょっとでAmazonから荷物が届く社会は狂っている - シロクマの屑籠 私と同世代の女性は、「サン宝石」をご存知の方も多いだろう。 初めて「通信販売で買物をする」という経験をしたのは小学生のときだ。 まだネットショッピングなどというものはなかっ…

軽減税率は低所得者対策にはならない。が、税率しだいではなる?

軽減税率とは? 本来の軽減税率 日本がやろうとしてるのは「軽減税率」というより「加重税率」 軽減税率推進派の意見 軽減税率反対派の意見 軽減税率は低所得者対策になるか? エンゲル係数 「低所得者」とは 「低所得者対策」とは 「軽減税率」に「低所得者…

「グッドデザイン賞」と「モンドセレクション」

グッドデザイン賞とは モンドセレクションとは まとめ グッドデザイン賞とは 「グッドデザイン賞」は、1957年に旧通商産業省によって設立された「グッドデザイン商品選定制度」(通称 Gマーク制度)を継承する、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運…

「所有税」を考えると自分にとってちょうどいい適量がわかる

モノを持ちすぎると不自由になるし、少なすぎても不自由です。では、どれぐらいの量がいいのでしょうか? 誰かが、服は何枚とか、食器はいくつとか、本はここに入るだけとか、これは要るとか要らないとか言ったとしても、そのまま真似して上手くいくわけでは…

定額制音楽配信サービスは「音楽のTV化」?

限りなく無料に近い有料、低料金の定額制 定額制音楽配信サービスは「音楽のTV化」? 間接的な消費では、少数派の支持は過小評価される 「低料金」は「違法な無料」を駆逐できるか? 音楽の公共財化? 音楽は誰のもの? ユーザー側にはメリットが多い & 新し…

フリー世界と「ゼロ円ファン」

無料=悪、ではありませんが、少なからず弊害があります。 ジャズミュージシャン・菊地成孔氏の公式ウェブサイト(第三インターネット)より ゼロ円ファン層の発生 (?〜現在)ちゅう、非常に面白い事が起こり始めまして(笑)、「ゼロ円ファン」というのは、…

無料ユーザーの役割

「無料のおまけはゴミになるからもらわない。タダより高いものはない。」 ご意見ごもっともです。私も極力もらいません。 「図書館やインターネットがあるから、お金を使わなくても、無料でいろいろ楽しめる。」 私も楽しんでます。(この問題点については、…

マイナンバーで可能になるのは資産課税だけじゃない。「支出税」ってどんな税制度?

所得税の諸問題を解決する「支出税」 所得税の問題とは何か? ・一定期間でなく「生涯所得」で見ると、公平とは言えない場合がある。 ・トーゴーサンピン、クロヨン問題 ・正直者が馬鹿をみる? ・課税対象は「働いている人」 ・累進課税は一見格差解消にな…

ミニマリストは消費社会のフリーライダーか?

はじめに ミニマリストは消費社会のフリーライダーか? ミニマリストはフリーライダーにはなれない そもそも「消費社会」に限界があるのでは? さいごに はじめに ミニマリストといっても消費の仕方は様々です。特に説明がない場合は、「消費性向の低い都市…

「一部の若者は勝手に社会を変え始めている」らしい

デモなんかに参加しなくても、一部の若者は勝手に社会を変え始めている。 社会学者・古市憲寿氏の言葉。 (氏については、まあ、いろんな意見があるかと思いますが) TVを見ない私にもさすがに最近の「安保反対デモ」の様子は届いています。 そこで思い出し…

安いものは、生産や流通の過程で、誰かが泣いているから安い

消費は投票である。 何を買うか。何を選ぶのか。 最近こんな言葉を聞いた。 「安いものは、生産や流通の過程で、誰かが泣いているから安いんだよ」 あまのじゃくな私は、それなら高いものだって誰かが泣いているかもしれないだろう。 とは思うものの、やはり…