minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

旅・おでかけ

地球の歩き方Plat/すべてが絶妙なガイドブック

旅行のガイドブックというのは 一昔前と比較すると それほど「必需品」ではなくなっているのかもしれません ネットで調べられるから本は買わない、とか、 電子版をタブレットに入れていく、とか、 いろいろなスタイルがあるかと思いますが 紙のガイドブック…

旅行と日常と羨望のGW

今週のお題「特大ゴールデンウィークSP」 私が見ているネットの世界では ゴールデンウィークだけど普段と変わりませんよ、という感じの人が多くて (ネットには自分の見たいものしかないので、それが世間と思ってはいけない) astudyinscarlet.hatenablog.co…

泊まれるブックカフェ・ランプライトブックスホテル名古屋

「本の世界を旅するホテル」がコンセプトの、 「ランプライトブックスホテル名古屋」に宿泊しました。 LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya ランプライトブックスホテル名古屋 外観 本屋&カフェ 客室 朝食 感想 外観 暖色の灯りに惹かれます。 道を挟んでローソ…

旅行に行くのは疲れるけど、旅行に行くという入力値が欲しいから行く

会社の女の子が、「旅行に行くとストレス発散になる」と言っていた。 彼女の意見はいたって普通、むしろ多数派なのであろうが、わたし自身は「旅行でストレス発散」などとは思いもよらなかった。 考えてみれば、そもそも「ストレスを発散したい」という思い…

圧倒される、5月の北海道

インターネットの時代になり、世界はずいぶん小さくなった。 そんなものはただの錯覚だ。 距離はずっと変わらない。 世界の大きさは変わらない。 GWは北海道へ行っていた。 北海道までは、文明の利器・飛行機にて、2時間かからずに行くことができる。 たっ…

買い物より心が潤う「買わない娯楽」

紅葉を見に出かけました。 岐阜県にある通称「モネの池」。 曇りだったのは残念でしたが、池のまわりが赤く色づいて、秋を感じることができました。 まわりの山もきれいです。 去年の12月から何度か訪れているのですが、違う季節に訪れると四季が感じられて…

6月のモネの池 & あじさいロード

睡蓮が咲いているのを見たかったので、再び「モネの池」を訪れました。 このあたりは紫陽花が有名とのことで、6月はいちばん良いシーズンかもしれません。 周辺の景色 根道神社 あじさい園 モネの池(朝) あじさいロード モネの池(昼) 周辺の景色 前回来…

5月・初夏のモネの池

「そのうちまた訪れたい」と思った場所でも、その後本当に訪れることは少ない。 機会があれば、と思った歌舞伎にも、あれから足を運んでいない。 初心者の歌舞伎鑑賞 しかし2度目があることもある。 去年訪れたモネの池。 季節が巡ったので再び訪れることに…

12月・冬のモネの池

去年の12月、行きたかった場所に行ってきた。 岐阜県関市にある根道神社の池、通称「モネの池」。 この場所を知ったのはその時からちょうど1年前、2015年の忘年会の席だった。 たまたま隣に座った、いつもは会わない部署の人が写真を見せてくれたのだ。 ぜひ…

歩いたり座ったり靴を盗まれたりのバンコク4日間

人間というのは面倒だ。ずっと歩きっぱなし、立ちっぱなし、というのも疲れるが、ずっと座っているというのも疲れる。寝るのだって、度が過ぎれば疲労をもたらす。空港の長い通路を歩き、手続きに並び、飛行機の座席に座り、眠り、食事をとり、また眠る。旅…

手ぶらでキャンプ。星野リゾートの「星のや富士」でグランピング体験してきました

星のや富士はこんなところ グランピングとは? キャビン(客室)はこんな感じ グランピングアイテム パブリックエリア ライブラリーカフェ 焚き火ラウンジ 焚き火BAR 木漏れ日デッキ 空中ベンチ ダイニング 森の珈琲店 アクティビティ なにもしない贅沢 星の…

旅先では朝5時に散歩をする

旅先では朝5時に散歩をするといいらしい。 昨日立ち読みした本に書いてあった。 私は金沢に来ているのだが、旅先だというのに観光もせず本屋など冷やかしていたのである。今まさに旅先にいる私はさっそく取り入れようと朝4時にアラームをセットし、数回の葛…

池袋の泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」に女性ひとりで泊まってきた

池袋の泊まれる本屋、「BOOK AND BED TOKYO」に宿泊しました。 受付 メインスペース 個室(BOOKSHELF STANDARD) 洗面所・シャワールーム コーヒー 雰囲気など 受付 エレベーターを降りるとすぐ目の前です メインスペース 本棚の下にはキャリーバッグなど大…

日常と旅のあいだ

近場のビジネスホテルに滞在中です。移動距離2駅。 必要なものしかない。快適。 でも、慣れてしまうのはもったいないのかもしれない。 日常と旅のあいだ。

東京とソウルと台北

2015年7月 台北 台北はバイクが多く運転が粗い。建物の1階は近代的でも上の階は古いまま残っており、いたるところで八角の香りがする。しかし、異国ではなかった。 東京とソウルと台北はほとんど同じだ。もちろん全然違うしあくまでも私の印象の話だが。 グ…