minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

本と読書

「お金の使い方」を「時間の使い方」に流用してみる

バビロンの時間術 ショーロートー時間術 シリコンバレーの時間術 おまけ:メンタリストの超時間術 バビロンの時間術 「バビロンの大富豪」という 古典的名著を最近になって読みました バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか 作者:ジ…

久々の読書/夜空に泳ぐチョコレートグラミー

初めて、ブクログのランキングを見て本を買った。 大当たりだった。 「夜空に泳ぐチョコレートグラミー」 最近は小説にあまり入り込めなくて、読みやすいビジネス書ばかりを(それも何冊も平行して)読んでいたのだけれど、これは夢中になって読んだ。 「読…

【スマホ脳】だけどやめられない、だからやめられない。

話題の「スマホ脳」を読んだ 新しいことを学ぶと脳はドーパミンを放出する。それだけではない。ドーパミンのおかげで人間はもっと詳しく学びたいと思うのだ。 食欲、性欲、睡眠欲なら動物にもある それに対して 学びたいという知識欲は 動物になはい人間の知…

「わかる」と「できる」? 身体と感情を伴う知識

最近読んだ本の中に 「わかる」というのは「できる」ということだという話がありました わかっているけどできないこと、というのは 本当はわかっていない というのです (たぶんこの本だと思います) 才能の正体 (幻冬舎文庫) 作者:坪田信貴 発売日: 2020/06…

考えるために、考えない時間が必要

ブクログを始めてから 本を読んだら感想を書くようになった しばらく続けていたら 大事なことが分かった 感想は読んですぐに書かない方がいい、ということだ 本を読んだら しばらく考える時間が必要だ 変な言い方になるが 考える時間には 考えない時間も含む…

ニーチェの衝撃・ミニマリストとルサンチマン

最近、哲学の本をいくつか読んだ。 (哲学書ではなく入門的な軽いもの) 武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 作者:山口 周 発売日: 2018/05/18 メディア: Kindle版 この本にあった、「ルサンチマンがキラーコンテンツを作る」…

お花のサブスク「FLOWER」ーツルツル世界とザラザラ世界

「FLOWER」という お花が届くサブスクリプションサービスを利用しています flowr.is 月に2回ぐらいのペースで 何種類かのお花がポストに届きます お花はおまかせでもいいし アプリ内で自分で選ぶこともできます 毎回違う組み合わせのブーケが3種類用意され…

「スキル」の暴落 / WEBライターになろう的な本を読んで、自分の価値観に気づいた話

最近読んだ本に とても大きな気づきをもらった Kindle Unlimitedでなんとなく目についた WEBコピーライターで月〇万円稼ぐ、みたいな本 ものすごく期待して読んだわけではないが それでも ライターというのは 手作り作品の販売などの副業よりも 自分に向いて…

なぜ、大人になると小説が読めなくなるのか

astudyinscarlet.hatenablog.com 先日観た 「花束みたいな恋をした」という映画の中で 社会に出て働き始めたら 昔は好きだった小説や映画から次第に離れていくという描写があった 「読んでも入ってこない」 「パズドラしかやる気にならない」 と言って 本屋…

「花束みたいな恋をした」は、恋愛映画のふりしてアイデンティティを破壊します

『花束みたいな恋をした』オフィシャルフォトブック 作者:江森 康之 発売日: 2021/01/04 メディア: 単行本 昨日見た映画について書きたい。 「花束みたいな恋をした」という映画だ。 有村架純と菅田将暉、各方面からプッシュされている話題の恋愛映画。 10代…

森会長とパラダイムシフト

森喜朗元総理の発言が話題になっていますが このニュースを受けて とっても腑に落ちたことがあります 最近読んだ本に書いてあった パラダイムシフトについてです 武器になる哲学 人生を生き抜くための哲学・思想のキーコンセプト50 作者:山口 周 発売日: 201…

ブクログで「考える読書」になる

「読んだ本の記録」を残そうと ノートやGoogleKeepなど いろいろ試してきましたが どれも続きませんでした astudyinscarlet.hatenablog.com 最近はKindleアンリミテッドで読書熱が高まっているので 何か記録を残したくなり アプリの「ブクログ」を使い始めま…

読めばあなたも共犯者「革命のファンファーレ」

映画「えんとつ町のプペル」を観てきました。 私を映画館へ向かわせたのは、 西野さんの本「革命のファンファーレ」です。 革命のファンファーレ 現代のお金と広告 (幻冬舎単行本) 作者:西野 亮廣 発売日: 2017/10/04 メディア: Kindle版 「10万人で本を作っ…

なぜ、こんまりの順番で片付けがはかどるのか?

引越しのため 「こんまり式」で片づけをしました 引越しというのは 「残すものを選ぶ」という方法にはぴったりのタイミングだと思います 本は読んだことがありましたが 実際やってみると 思わぬ利点があることに気が付きました こんまり式では片づける順番が…

相手によって態度を変えているのではなく、 いろいろな自分を外に出すために様々な相手が必要、なのかもしれない

平野啓一郎氏の分人主義を持ち出すまでもなく 相手によって態度を変える・態度が変わる ということありますよね 良いか悪いかについてはここでは論じませんけれど それは 意識的であれ無意識であれ誰もがやっていることだと思います これについて あるとき突…

最近の本の読み方、影響を受けた一冊など

最近の本の読み方です。 読書法というよりは、姿勢的なものです。 私の「読書の記録」方法についても紹介します。 本は買って読む 雑誌は図書館で読む 昼休みは「再読」の時間 ビジネス書・自己啓発書は、量を読むより実践する 最近いちばん影響を受けた本 …

なんていうか、必要だった

マチネの終わりに (文春文庫) 文・堺雅人 (文春文庫) 「爆買い」をした 買ったのは本だ 一度に全部買ったわけではないが 数えてみたら25冊あった 100円の古本も新品の本もあるが ほとんどが日本人作家の現代小説だ 蔵書家の方などからすると 25冊などかわい…

「ToDo」と「Being」、2種類のミニマリスト

「モノややることを減らした分、大事なことに集中する」。 ミニマリスト系の本やブログでよく聞く言葉です。 ですが、特に集中すべき「大事なこと」があるわけではない、という人もいらっしゃると思います。 目的を持たないミニマリスト 「to do」と「being」、2…

もう一度読み返したい本というのは少なく、それらの本をもう一度読み返すこともまた少ない

私は本を ほとんど持ちません 手元に何冊かはありますが それらはある程度たまったところでブックオフに 引き取ってもらっています というのも 面白かった本であってもなかなか2回目を読もうという風にはならなくて 持っていても本当にただ持っているだけで …

平成に花束を。古市憲寿「平成くん、さようなら」

この国に住むほとんどの人は「だから」や「つまり」といった接続詞を正しく使えない。 「平成くん、さようなら」を読みました 平成くん、さようなら 作者: 古市憲寿 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/11/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1…

怖いけど知りたい、「死」とは一体何なのか。

久しぶりに本屋で本を買った 本屋に行くということも減っているが 本屋で本を買うということも随分減ったと思う 本屋で気になった本をAmazonや楽天で買うという ありがたくない客の私が言えたことではないのだが やはり本屋は良い 何も買わなくても 本屋とい…

【ふくわらい】アノマロカリスと西加奈子

第一印象が大切だ なんていうことは もううんざりするくらいに聞く言葉ですが あらためて実感したという話です 最近 西加奈子さんの本を読みました 今更なんですけど初めて読んだんです ふくわらい (朝日文庫) posted with ヨメレバ 西 加奈子 朝日新聞出版 …

モーム「世界の十大小説」と、「好きな作家」について

モームが好きです astudyinscarlet.hatenablog.com 読んだのは数冊だけですが 自分の中では「好きな作家」のひとり、ということになっています 好きかどうかということには たくさん読んでいるかどうかということはあまり関係がありません 1冊読んだだけで…

雑誌の価値は「表紙」にある

astudyinscarlet.hatenablog.com もう何年も雑誌を買っていませんが 雑誌を全く読まないかと言うとそういうわけでもなく 本屋で手に取ってパラパラとめくる程度のことはすることもあります 最近は雑誌を読むということを意識して 行なっているんですけれども…

本を読む人生 と 本を読まない人生 は何が違うのか?

読書をすれば 成功するとか年収が上がるとか そんなものは詭弁だと思ってますけれど じゃあなぜ本を読むのかっていう話です 「本を読む人生と本を読まない人生は何が違うんですか」 みたいな質問を見かけたのですけれど それを見た時に もうこの質問自体が答…

ホテルカクタス/3つの価値観に揺れる

シンプルライフをうたった本はたくさんありますけれども 私 個人としてはそういうダイレクトなものよりも はっきりそう書いていないような本 それも実用書ではなく小説などの方が 本質に触れていたり いいことが書いてあったりすると思っています 例えばムー…

少ない努力で「やってのける」方法

最近読んだ本の紹介です。 ハイディ・グラント・ハルバーソンの「やってのける~意志力を使わずに自分を動かす~」。 経験論や精神論ではない、まっとうな本だと思います。 「証明型」「習得型」という分類や、それぞれに効果的なアプローチなど、初めて知る…

Newspeak/「本を読むと世界が広がる」の意味/マンボウを見るときの気持ち

今読んでいる本 ジョージ・オーウェルの「1984年」についてなんですけれども 一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫) posted with ヨメレバ ジョージ・オーウェル 早川書房 2009-07-18 Amazon Kindle 楽天ブックス 古典的な名作で有名な作品ですが実は初めて…

自分のものにしようとするとお金がかかる

わたし自身はコスパ重視というわけではありませんが、コスパについてひとつ思っていることがあります。 「無形の文化」のコスパは、異常なほど高い。 一流の文学が読みたいと思えば、図書館や青空文庫で無料で読めますし、最新の本であってもそれほど高いわ…

「貯められる人は、超シンプル」

横山光昭さんの、「貯められる人は、超シンプル」を読みました。 モノ、生活、お金の順に整える。 お金を貯める本なのにモノの話から入る画期的な内容、とのことです。 たしかに、「断捨離でお金の面でもよい効果がある」という本はよくありますが、「お金を…