minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

simple & minimum

なぜ、こんまりの順番で片付けがはかどるのか?

引越しのため 「こんまり式」で片づけをしました 引越しというのは 「残すものを選ぶ」という方法にはぴったりのタイミングだと思います 本は読んだことがありましたが 実際やってみると 思わぬ利点があることに気が付きました こんまり式では片づける順番が…

「ToDo」と「Being」、2種類のミニマリスト

「モノややることを減らした分、大事なことに集中する」。 ミニマリスト系の本やブログでよく聞く言葉です。 ですが、特に集中すべき「大事なこと」があるわけではない、という人もいらっしゃると思います。 目的を持たないミニマリスト 「to do」と「being」、2…

モノも人も自然も、自分の思い通りにはならない

「モノに支配されない」 「自分が主でモノは従」 「モノでなく自分が主役」 「モノに支配される暮らしをやめて、自分の暮らしを取り戻そう」 というようなことをよく聞きます 私もモノに支配されるのは嫌です ただ モノに支配されないということは モノを悪…

何かを極めることは孤独である。突き詰めれば、シンプルということもまた孤独に帰結する。

何かを好きになるということは孤独である。 好きになればなるほど、同じ次元で話のあう人がいなくなる。 たとえばふとしたきっかけで、「捨てられなくってー」みたいな会話になることがある。わたしはこのブログに書いているようなことは決して言わない。た…

「捨てられない」と言う人に、言わないようにしていること

何かのきっかけで、 「断捨離しなきゃって思うんだけど、捨てられなくってー」という会話になることがある。 こんなとき、わたしは、こうしたら捨てられるよとか、モノがないとすっきりするよとか、そういう類のことは口にしない。 わかるわかると相槌を打つ…

持ち物に「飽きる」のは、本質的には要らないものだから。

持ち物に「飽きる」のは、本質的には要らないものだからかもしれない 最近 買ったものをいくつか手放したのですが そのときに思ったことです 買う前は持っていなかったものであり それがないせいで困ったとかいうこともなく普通に生活していたものなので こ…

「私の帰りのかばんには、まだ若干の余裕があります」

「私の帰りのかばんには、まだ若干の余裕があります」 笑点のオレンジの着物、林家こん平さんが地方公演で必ず言っていた、お決まりのフレーズです。 (これを言うのがお約束なので、「私の帰りのかばんには~」と言った時点でもう笑いがおきます) お土産を…

今好きなものを今楽しむ

一度好きになったからといって その後もずっと好きで居続けるとは限らないし そうする必要もない 好きなものを自覚する危険性 変化を認めて、受け入れる 過去に好きだったものを手放した 好きなものを自覚する危険性 自分はこれが好きだっていうことを自覚す…

ホテルカクタス/3つの価値観に揺れる

シンプルライフをうたった本はたくさんありますけれども 私 個人としてはそういうダイレクトなものよりも はっきりそう書いていないような本 それも実用書ではなく小説などの方が 本質に触れていたり いいことが書いてあったりすると思っています 例えばムー…

「いつも同じ服だね」って言われたら こう答える

服を減らすことが難しい理由として いつも同じ服だと思われたくない というのが ひとつ大きな要因としてあると思います 私はいつも全く同じとは言いませんけれど ほぼ似たような服を着ています いつも同じ服だと思われている可能性もあります いつも同じ服だ…

モノを捨てるということは

シンプルライフ的なことを考えるようになって、10年ぐらいになります。 10年経っても、まだ過程です。 というより、終わりはないのだと思います。 生きている限り、完成形はない。 シンプルということは、単純なようで本当に奥が深いです。 ブログなど見てい…

なぜ、必要でないものを買ってしまうのか

私は何か欲しいものというのは 昔に比べるとかなり少なくなりまして それでも時々こういうのあったらいいかもなーって思うことはあります 最近だとワイヤレスイヤホンです Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A 出版社/…

家計簿アプリ【Zaim】にして良かったこと。

紙の家計簿をやめました。 家計簿自体は続けていて、Zaimというアプリを使っています。 勝手に集計してグラフで可視化してくれるので、使い勝手がいいです。 レシート読み取り機能も便利に使っています。 これまではノートに家計簿をつけていたので、当たり…

自分のものにしようとするとお金がかかる

わたし自身はコスパ重視というわけではありませんが、コスパについてひとつ思っていることがあります。 「無形の文化」のコスパは、異常なほど高い。 一流の文学が読みたいと思えば、図書館や青空文庫で無料で読めますし、最新の本であってもそれほど高いわ…

【ゼロ・ウェイスト】1週間ティッシュペーパーを使わない暮らし。お金を出してゴミを買っていた?

「ゼロ・ウェイスト・ホーム 」という本を読んで、 「ティッシュペーパーを使うのをやめてみよう」と思い立ちました。 astudyinscarlet.hatenablog.com どうなるかわかりませんが、とりあえずやってみる、という感じです。 今使っているものは、捨てないで、…

【ゼロ・ウェイスト・ホーム】断捨離で捨てたものは、ただ目の前から消えただけ。

シンプルだミニマムだと言いつつモノを捨てたり買い替えたりする暮らしを、もう何年も続けています。 使わないモノをいつまでも持ち続けるよりも、さっさと捨ててしまった方が暮らしは楽にシンプルになります。 ですが、そうやって捨ててきたモノたちは、そ…

【モノ選び】迷うならどっちも要らない。じっくり考えすぎると、自分の中で勝手に価値を作り出してしまう

モノを買うときに、ぱっと見てこれだなって思う時ってあるじゃないですか。 それは衝動買いとはまた違うと思うんですけど、これだなってすとんと腑に落ちる感じです。フィーリングというか。 そういうのって悩んで悩んで決めたものよりもずっとよく馴染むん…

服を買うタイミングと、「買わない」3原則

お店で、「ちょっといいかも?」という服を見つけました。 買ってもいいかな、とも思ったのですが、結局買わずに帰りました。 このとき頭に浮かんだことは、「予定にないものを買わない」「すぐには買わない」「迷ったら買わない」ということです。 これを意…

「クレジットカードで浪費が減る」のはこんな人。

「お店では現金派」だったのですが、最近はクレジットカードを使っています。 カードは履歴が残ります。 それが嫌であまり使わなかったのですが、それを逆手にとって、「恥ずかしくない買い物」をするようにしています。 「お金に色はついていない」というよ…

楽天モバイル「ベーシックプラン」の使い心地

astudyinscarlet.hatenablog.com astudyinscarlet.hatenablog.com 楽天モバイルに変えて1週間ほどで、プランの変更をしました。 気になっていた「ベーシックプラン」です。 簡単に言うと、「高速データ通信が一切使えない一番安いプラン」。 月々1250円です…

ポイントカードを持たない理由

先日Pontaカードを退会したので、ポイントカードを持っていません。 (PontaカードもGEOのレンタル用カードという感じで、ポイントカードという意識はあまりなかったですが) ゲオで作ったPontaカードの退会 わたしは、ポイントカードというものが物質的に邪…

財布の整理/ゲオで作ったポンタカードの退会

財布の中身は普段から整理しているほうだと思いますが、ずっと気になっているものがありました。 Pontaカードです。 要らないと思いつつこれまで放置していたのですが、この機にようやく実行しました。 この手のカードを積極的に作ることはしないのですが、P…

「SNSをやらない20代」の主張

Facebook、Twitter、インスタグラムなどのSNSを利用していません。 やめたのではなく、はじめから利用していないのです。 ネットを見ていてたまたま行き当たることはありますが、自分から検索したり発信したりすることはないし、アカウントも持っていません…

「貯められる人は、超シンプル」

横山光昭さんの、「貯められる人は、超シンプル」を読みました。 モノ、生活、お金の順に整える。 お金を貯める本なのにモノの話から入る画期的な内容、とのことです。 たしかに、「断捨離でお金の面でもよい効果がある」という本はよくありますが、「お金を…

スマホの端末保証は必要?→保険に入る理由を考えれば、答えは明白です。

楽天モバイルから電話がかかってきました。 astudyinscarlet.hatenablog.com わたしは一切のオプションをつけなかったのですが、端末保証を本当につけなくても良いのか、ご丁寧にも確認の電話があったのです。 「端末保証は加入時の今しかつけることができな…

『思い込み』を手放すことは難しい

以前にも一度書いているのですが、ずいぶん昔(中学生か高校生ぐらい)に読んだ本で、今でも忘れられない作品があります。 astudyinscarlet.hatenablog.com 彼はカッターナイフで自分の眼を切り刻もうとした。手術後のことだ。 家族も、友人も、執刀した医師…

つい欲張ってしまうこと、その理由

図書館で本を借りるとき、貸し出しできる限界まで借りようとしてしまいます。 読まないまま返すことも多くて、最近ではめいっぱい借りることは少なくなりましたが、それでも、あきらかに多すぎる量を借りてしまいます。 先日は6冊借りました。 厚いハードカ…

付録のバッグはなぜ魅力的に見えるのか?

ホタルイカには2つの目玉が飛び出ている。わたしはこれがわりと好きである。 どうやらこれはジャガ芋の芽であるとか、もやしの髭であるとか、海老の背ワタであるとか、そういった類のものらしく、可能な限り取り除くことが望ましいとされている。たしかに、…

シンプルであることはなぜ美しいか

わたしはわりと安易に「シンプル」と言ってしまうのですが、一方で、「シンプル」という言葉を軽く扱うことに少し抵抗も感じています。とはいえここを突き詰めると深みにはまりそうなので、これからも気軽に「シンプル」という言葉を使うと思います。 (以下…

「時間を奪うもの」を断ってみる

(今年の2月に書いた記事です) ラジオが好きで、ほぼ毎日聞いていたのですが、数日前から一切聞くことをやめました。 時間がなくなるから、というのがその理由です。 少し前に、タイムフリー(タイムシフト)機能というものが始まりました。1週間分の番組…