minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

私に投資が必要だと思った理由

 

 

 

一般的になぜ投資をするかというと

お金が欲しいからお金を増やしたいからっていうことが一番の理由になると思います

もちろん予想が当たる外れるって言うゲーム性を求めて投資をしているって言う人もいらっしゃると思うんですけれども 

 

なんで投資をするかって言ったら

お金を増やしたいんですっていうのが一番王道の理由だと思うんですね

 

でも

投資をするとお金が減る可能性もあるじゃないですか

私の場合はそっちの方が嫌で

だからどっちかって言うと投資は避けてきたんですね

 

 

f:id:astudyinscarlet:20180618123515j:plain

 

 

それで私が投資が必要だと思ったのはですね

貯金を続けてきてこのままじゃダメだなって思ったんです

それはよく言われる 貯金だけじゃお金が増えないから っていうことではなくてですね

貯金でもお金は増えるんですよ それなりには

ただその増えたお金を減らしたくないっていう思いがすごく強くなるんですね

私の場合は

 

そうすると貯金っていうのはもちろん使うために貯めるわけですけれども

それがだんだん貯金のために貯金をしてるような状態になって

でも減らしたくないしもっと増やしたい

という状態になるんですね それってあまり良くないですよね

 

そういう姿勢はあまりこう健全ではないというか

すごく執着してる状態なのではないかと思いまして

 

お金っていうのはやっぱり使ってこそのものじゃないですか 基本的には

貯めることができるって言うのはお金の画期的な機能の一つであったわけですけれども

なんで貯めるかって言うと

大きい額にして使うっていうことであったり

今じゃなくて将来使うっていうことであって

貯めるために貯めるわけではないんです

だから貯めたお金を減らしたくないってあまりに思いすぎることは変なんですよ

 

だからこそ投資が必要だと思ったんですね

それはお金を増やす為っていうことももちろんあるんですけれども

もっと柔軟にならなければいけないと

 

投資ってのは流動性ですから

何て言うんですかね増えることもあれば減ることもあって

そういう増減に慣れていかないといけないなって思ったんですよ

お金ってそういうもんじゃないですか

使ったりとか入ってきたりとか

お金は経済の潤滑油みたいなこと言いますけど

それが本来のお金なわけですよ

貯めて持っておくっていうのはお金の機能の一つではあるんですけれども

そればっかりになっちゃうとやっぱりおかしいと思うんですよ

バランス悪いと思うんです

 

だから私の場合投資をするっていうことは

お金に対する考え方を変える為っていうのがすごく大きかったです

 

お金に対する 考え方と言うか何て言うんですかね態度と言うか付き合い方と言うか

貯金も必要なことではあるんですけど貯金に執着しちゃうんですよどうしても

それよくないなーっていうのは気づき始めたし

普通は投資するっていうとお金の事を一生懸命考えるって言うことだと思うんですけど

私の場合は反対で

むしろお金と距離を置くためっていうイメージです

 

その 自分の物 って言う 執着から少し楽になるべきだと思ったし

やっぱり回さないといけないんですよね お金は

 

お金を必要としてる場所があるわけですよね

使わないんだったらそこに貸してあげたらいいじゃないっていうことですね

誰かに貸してあげるということはもちろんリスクを伴うわけですよ

例えばお金の貸し借りだけじゃないですよね

人にものを貸したりする場合にでも

その相手がごめんうっかり壊しちゃったっていうことも全然あり得るわけで

でも反対に自分が貸した状態よりもいい状態になって戻ってくるとか

なんか申し訳ないぐらいお礼もらうとかそういうこともあるじゃないですか

 

投資っていうのはそういうことですよね

友人知人間の貸し借りと投資がまったく同じとは言わないですけど

どっちになるかはわからなくて

思った以上に色つけて返してもらえることもあれば

ごめん失敗しちゃったっていうパターンもありますよね

 

私は今すぐ使いたいこととかも別にないし

もちろんいつかは必要な時が来るんですけど何時になるかもわかんないですし

だったら今必要としてるところで使っていただいて

自分が必要になったときには

そのぶん色つけて返ってくればいいかなっていう

そういう感じですね

 

もちろん増えたらうれしいし

期待もしてるんですけど

それだけじゃなくて

 

私の投資には

お金というものをもっと柔軟に捉えなおすという

そういう目的もある

ということです