minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

人に言えない趣味ばかり

 

 

f:id:astudyinscarlet:20180929141229j:plain

 

 

↓ 本当は何年も前に書いた記事です  

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

今は当時とは少し事情が変わっていて

趣味は増えたのですが 相変わらず人に言えないものばかりです

 

そこで気が付いたのですが

 

私は今まで スポーツが趣味だったら 人に言いやすいのにって思ってたんです

でもいざ筋トレとかランニングとかが趣味になってみると 言いたくないんですよ

それはもちろん自分のレベルで趣味だって言うのは恥ずかしいとか

何で筋トレしてるのって聞かれたらめんどくさいとか

そういうのもあるんですけど

 

私はもしかしたら 人に言えるような趣味がないんじゃなくって

単純に趣味の話を人にしたくないんじゃないかっていうことに気がついたんです

 

だってランニングが趣味なんて全然やましいことじゃないですよね

むしろ健康的でいいじゃないですか

読書が趣味って言ったら 他に趣味のないつまらない人って思われそうとか

ブログ書くのが趣味って言ったら どんなの書いてるか詮索されそうとか

そういうのって全部 後付けの理由って言うか

些細なことだったのかもしれなくて

単純に自分の好きなことの話を人にするのが嫌なのかなって

 

何て言うんですかね

距離じゃなくて心のパーソナルスペースと言うか

私自分の話を人にするのがそもそも 好きじゃないんですね

 

 

まあブログでは自分語りしてますけど 現実ではほとんどしないんですよ

自分からは喋らないです

自分の話っていうのは 聞かれるまで 言わないし

聞かれてもぼかして答えたりします

 

だから趣味の話とか休みの日何してるみたいな

そういう プライベートの話っていうのは

なるべく避けたい話題なんですね

 

だったらもう

どんな趣味ができようと同じことですよね

人に言いたくないっていうことは変わらないんです

 

だけど完全に誰にも言わないっていうわけではなくて

こうしてブログではいろいろ書いているわけです

 

言いたいけど言いたくないというアンビバレントをうまく消化してくれるのが

ブログというサードプレイスなのかもしれません

 

astudyinscarlet.hatenablog.com