minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

つみたて投資 1年後の所感

 

 

 

 

投資をはじめて、1年が経ちました。

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

投資といってもインデックスファンドを積み立てで買っているだけです。

 

1年でちょうど100万円になるように設定したので、現時点で100万円をリスク資産につっこんだことになります。

 

プラスになったりマイナスになったりしますが、現在は含み損です。

いきなり100万円の金融商品を買ってマイナスだったら、もっといろいろ思うところあったかもしれませんが、少額から徐々に慣れていったので心は平穏です。

ゆでガエルになっているだけかもしれませんが。

 

f:id:astudyinscarlet:20190118133612j:plain

 

 

管理は特に何もしていません。

 

マネーフォワードでたまに確認するくらいで、証券会社のページを開くこともほとんどありません。

(私の個人情報をいちばん知っているのは、グーグルでもAmazonでもなく、マネーフォワードかもしれません)

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

但し、マネーフォワードで確認できるのは「つみたてNISA」と「特定口座」の分だけです。イデコに積み立てた分は、いくらになっているか知りません。

イデコはマネーフォワードでは確認できず、証券会社のページを見に行かなければならないのですが、始めてから今まで、一度も確認していません。

(買っているのは同じ商品なので、だいたい想像はつきます)

 

イデコに拠出した分は、ほとんど忘れてしまっています。

 

見えないものは忘れてしまうのです。

それがたとえ大切な老後資金であろうと、「見えないものは忘れてしまう」。

人の脳はそういう風にできているのかもしれません。

 

 

私が積立を始めたのは株価が高い時期でしたから、私より1年あと、2019年からはじめる人の方が、総合的な成績は良いかもしれません。

ですが、「もっと後に始めていれば」という風には思っていません。

実際に積み立てをして、その変動を自分のものとして受け入れることで、インデックス投資家の心構えのようなものが育ったと思います。

 

本やネットで、いくらでも知識をつけることはできます。

それでも、実際に自分でやってみることで、得られるものは多いです。

 

「とりあえず100万円」は達成したので、これからはもうすこし弾力的に運用することも考えてみましたが、いろいろ考えたあげく、結局これまで通り「ほったらかし」にするような気がします。

 

 

 

 

 

私が積み立てている「楽天・全世界株式インデックスファンド」は、バンガード社のETFを買い付ける投資信託です。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

今朝の新聞で、バンガードの創業者である ジョン・ボーグル氏が逝去されたとのニュースを目にしました。

彼がインデックス投資というものを広めなければ、怠惰な私は今でも投資とは無縁に暮らしていたのではないかと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

バンガード創業者 ジョン・ボーグル逝去、その功績と人生-