minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

ダイソーの「ジェルパフ」で日焼け止めのストレスを軽減

 

 

 

日焼け止めを新調しました

 

これまで持っていたのは

この記事 ↓ に写っているニベアの日焼け止めです 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

(記事の中のものは、今では何も残っていないことに気付きました)

 

 

日焼け止めのような消耗品は

普通は使い切って買うものだと思いますが

 

使いきれないまま数年経過したので「新調」です

 

 

透明ではなく

少し補正効果のあるものにしました

 

 

 

ラベンダーカラーでインスタ映えするらしいです

 

残念ながらインスタグラムはやっていないのですが

(そして「残念」とも特に思っていない)

 

肌がきれいに見えるかどうかという点では

もちろんきれいに見えた方が良いです

 

こちらを塗ると肌が明るく見えて

わずかにですが何もしない状態よりは見た目が向上します

 

 

あとは「せっけんで落とせる」というのが重要なポイントになります

最近のはほとんどがそうなのでありがたいです 

クレンジング必須と書いてあるのは海とかスポーツ用ですね

 

  

日焼け止め塗りたくない、と駄々をこねていた時期もありましたが

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

日焼け止めを塗るストレスが大幅に減る方法を見つけました

 

 

ダイソーで見つけた「ジェルパフ」です

「シリコンパフ」とも呼ばれているようです

 

f:id:astudyinscarlet:20190307123424j:plain

(まわりについている薄いシートのようなものは剥がしてはいけないのだそうです。剥がしてみたい衝動を抑えて耐えています) 

 

 

こちらは洗って繰り返し使えます

しみこまないから簡単に洗えて、すぐに乾いて、衛生的です

化粧品の使用量が少しで済むので経済的、という点もメリットです

 

(しみこむことには余剰を調整する役割があるので、もしかするとふつうのパフの方が仕上がりは上かもしれませんが、見てわかるほどの違いはないと思います)

 

 

これで日焼け止めを塗ると、

手のひらや指につかないので、

不快な感じを味わわなくて済みます

 

 

ふつうのパフでも「手につかない」という点は同じなのですが

(裏側にまで染みてこないかぎりは)

 

使い捨てのパフは費用がかさむしストックもかさばります

洗って繰り返し使えるものでも

中までしっかり洗ったり、乾かしたりするのは大変です

 

その点ジェルパフはサッと洗えるし、

乾かす方法に悩むこともありません

 

 

ジェルパフのおかげで

嫌いだった日焼け止めをほぼ毎日塗っています

 

たまたま目についたのがきっかけでしたが

良いものを見つけました

 

 

見た目も涼し気で

気に入っています

 

 

(ダイソーのオリジナルというわけではなく、いろいろなところで扱いがあります)