minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

「被災地」って呼ばないで

 

 

これがとってもデリケートな話題だということはわかっているのですが

少しだけ

 

気分を害される方がいらっしゃいましたら申し訳ありません

 

 

 

「被災地」とか「被災者」という呼び方が

好きじゃないんです

 

〇〇県とか〇〇市とか、〇〇町とか、そういうのが全部奪われてしまって

「被災地」という言葉の中に閉じ込められてしまう感じがして

 

うまく説明できないんですけど

 

「被災地」というある種のレッテルによって

時が止まってしまうというか

「勝手に止められてしまう」ような感じです

 

被災地と呼ばれることで

本来の姿を剥奪されて

止まった時の中に閉じ込められてしまう

 

 

私はまだ大きな災害に遭ったことがなくて

だからこんな抽象的な

悠長なことを言えるのかもしれないけど

でももし

私が

私の住んでいるエリアが

被災したときには

「被災地」ではなく固有名詞で伝えてほしいと思うのです

 

 

 

「被災地」も「被災者」も

そうやって呼ぶことで

「被災地」とそれ以外、みたいになってしまうというか

自分とは別のもの、関係がないもの、になってしまうという怖さがあって

 

 

たとえばAさんとBさんがいて

Bさんが被災した場合に

AさんはAさんだけどBさんは「被災者」とよばれるようになります

 

AさんもBさんも同じはずなのに

同じじゃなくされてしまう

分断されてしまう

 

Aさんも過去に被災したことがあるかもしれないし

将来被災することもあるかもしれない

次は立場が逆転しているかもしれない

 

AさんもBさんも同じなんです

AさんとBさんは対等な人間で

今はBさんが大変だから

何かできることがあれば力になってあげたいと思うけど

それは困ったときの助け合いなのであって

お互い様なのであって

Bさんが「被災者」というかわいそうな存在だからじゃない

 

 

やっぱりうまく説明することが難しいのですが

 

「被災地」「被災者」という呼び方に

そういう違和感を感じています

 

災害支援手帖

災害支援手帖