minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

満足感のある買い物に必要なもの/ジョンストンズのストール

 

今週のお題「2019年買ってよかったもの」

 

 

最近少しばかり高い買い物をしまして

 

高いと言っても私にとっては高いということなんですけれども

ジョンストンズのストールを買いました

 

以前にルイヴィトンのストールを手放した話をしていますが

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

これというのは憧れて買ったけれど遠慮してしまって全く使いこなせず

というか一度も使わず手放したという

身の丈に合わないものを無理して買ってもダメなんだっていう教訓だったんですけれど

 

 

今回は少し違って

多少の遠慮と言うか丁寧に扱うようにはしていますけれども

それでもちゃんと日常使いしています


私が買ったのはカシミア100%のものです

アパレルブランドの別注なんかが 2、3万ぐらいでたくさん出てるんですが

そういうのはウールが入ってます

 

とはいえ値段が倍以上違いますから

始めはそっちを買うつもりでいたんです

カシミヤとかウールとか たいして違わないだろうと思ってたんですけど

実際触ってみたら全然違うんですね

 

最初はカシミヤが高いと思ってました

でも逆なんですよ

満足のいく肌触りじゃないのに 3万円もする方が 高いんじゃないかと

そういう考えになりまして

 

世の中には安物買いの銭失いという言葉がありますけれど

安い方も 3万円ですからね安くないんですよ

安物でもないから銭の失い方はもっとえげつないですよ

 

私は 基本的にはシンプルなものが好きなんですけども

最近は多少華やかさとかも欲しいと思っていて

それで最初はチェック柄を検討したんですけれども

実際手に取ったり巻いたりしてみて

無地のベージュに決めました

 

 

f:id:astudyinscarlet:20191202122333j:plain

 

[ジョンストンズ] カシミヤストール WA56 レディース BLACK STEWART UK 190×70cm (FREE サイズ) [並行輸入品]

 

 

高いものを買ったりすると

後になって やっぱり買わなきゃよかったとか

あるいはやっぱりあっちの色のがよかったんじゃないかとか

そういう後悔がよぎる事ってあるんですけど

この買い物に関してはそういったことが一切なくて

日に日に ああ買ってよかったなーっていうことを思っています

 

ベージュに決めたとき

心の片隅に

「やっぱりチェックも欲しいと思ったら、いつか2枚目として買ったらいいじゃない」

という気持ちがありました

 

でも

実際買ってからは 一切そういう気持ちがないです

他のストールが欲しいっていうふうに本当にもう全く思わないんです

夏用のはまた別ですが


どんなに可愛い好みの色や柄であっても

肌触りが悪かったりワンシーズンで駄目になったりするようなそういう適当なものを

お金を出して書いたいっていう風に思わなくなって

雑誌やネットやお店や街行く人の 素敵そうなストールを見ても

それがかえって自分の持っているものに対しての満足感を思い起こさせると言うか

そういう感じで

 

お気に入りのものを 選んで買うってこういうことなんだ

満足感のある買い物ってこういうことなんだって

なんかすっごく久しぶりにこういう感覚を味わいました

 


別にこれって目新しいことじゃなくて

お気に入りのものを少しだけ持ちましょう的な ライフスタイルの人達って

こういうこと散々言ってるじゃないですか

でも それって頭では分かるんだけどちょっと抵抗したいような気持ちもあって

お金とか物とかそういうのに依存した豊かさでしかないじゃんっていう

そういう気持ちもなくはないんですけど

でも一方でやっぱりどこか羨ましいいっていうのも思ってて

しかも私は一度この方向性を目指してやってみて

散々お金使った挙句やっぱり無理だってなってますからね

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

ようやくわかったんですよ

なんでその時の自分には無理だったのかっていうのが

それは選ぶ力が足りてなかったんです

当時は 自分の好きなもの 憧れのもの 似合うもの 使いやすいものとか

そういうものがなんか全部ごっちゃになってて

何が必要なのかが多分わかんなかったし

こんなの買っても絶対使えないって思っても

それでも なんか持ってるだけでもいいから欲しいとか

そういう 合理的じゃない買い物とかもしてたし

だから 似合いもしない 自分の持ってる服にも合わない 全然使いこなせないルイヴィトンのストールなんて 背伸びして買ったりして 案の定全く使えなくて みたいなことしてたんですよ

それで結局お金ばっかり使って何も残らないっていう

そういうことをずっとしてきたんですよ

 

 

でも今は

もちろん完璧じゃないけど

当時に比べたら 随分選ぶ力はついたと思います

 

今の自分なら

多少値が張っても

「これがいい」と思うものを買ってもいいのかなと

 

これからは

せっかくお金を出すのなら

満足感のある選択ができるように

意識したいと思います