minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

オプティマイザー思考とミニマリスト/アンビバレントな小宇宙

 

 

 

これからは

 

ミニマリストではなく

オプティマイザー思考

 

だそうです

 

 

オプティマイズ = 最適化

です

 

ここでいう「オプティマイザー思考」というのは

「物事を最適化する」ことに重きを置く考え方です

 

最小化ではなく最適化、

時代に合った成熟した思考で

とても魅力的ですし

私も意識して取り入れてみたい感じです

 

 

おそらくモノだけでなく時間やお金などのリソースについても最適化を求めるのだと思いますが

 

モノについての部分

 

最適化の妨げになるモノは捨て、

最適化のために必要なモノは残したり手に入れたりする

 

というような部分ですね

 

ここでたいてい

「ミニマリストのように極限までモノを排除するのではなく」

というようなことが言われます

 

 

まさにこの記事で私が書いた

そのままのことが起きてます

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

「ミニマリスト」は

極端な定義によって

「オプティマイザー思考」という新しいものをより良く見せるための

「残念な比較対象」にされてしまっています

 

 

ミニマリストを名乗ったり目指したりしている人のほとんどは

本当の意味での必要最小限ではなく

自分にとって心地良いポイントを重視しています

(ここは、ミニマリストなんて言ってるけどどこが最小限なんだ、という批判を受けやすい箇所でもあります)

 

 

不便や不快を我慢してまでとにかくモノを排除する、というわけではないし

 

「自分にとっては」という枕をつけて

最小の量を増やすこともあります

 

純粋な意味でのミニマリスト(狭義のミニマリスト)が求めるのは

「身につける布一枚と茶碗一個」のような極限の最小限かもしれませんが

 

ここ数年で増えたタイプのミニマリスト(広義のミニマリスト)が求めるのは

「自分にとっての最小」です

 

各人によって異なるそれは

本当の意味での最小とは似ても似つかぬものです

 

 

自分にとって心地良い

それぞれの価値観を反映したパーソナルな最小限

 

これは言葉こそ「最小」ですが

実態は「最適化」とかなり近いのではないでかと思います

 

広義のミニマリストとオプティマイザー思考は

相反するものではなく

むしろとても近いものです

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 



 

私としては

もう「ミニマリスト」を消費しつくした感があるし

いろいろどっちでもいいと思ってますが

 

それでもやっぱりミニマリストが悪く言われたりするといい気持ちはしません

 

いつまでもこうして「ミニマリスト」という言葉に引っ張られてしまうのは

 

このブログタイトルのせいだという自覚はあるのですが

 

 

「ミニマリストの小宇宙」という言葉から受ける

最小のなかにも全てがある感じというか

 

小宇宙という言葉にもともと感じるアンビバレントが

ミニマリストと冠することで更に増幅する感じですね

 

(私の中では「ミスターチルドレン」もこの類です)

 

 

この感じがわりと気に入っているので

 

もうしばらく「ミニマリスト」に引っ張られることになりそうです

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com