minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

ブクログで「考える読書」になる

 

 

 

 

 

「読んだ本の記録」を残そうと

 

ノートやGoogleKeepなど

いろいろ試してきましたが

どれも続きませんでした

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

最近はKindleアンリミテッドで読書熱が高まっているので

何か記録を残したくなり

アプリの「ブクログ」を使い始めました

キリよく新年からのスタートです

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

「読書メーター」も同時に試したのですが

ブクログの方がしっくりきました

 

 

評価や感想も書いて公開しています

 

星の数は純粋なオススメ度ではなく

あくまでも「そのときの自分」にとって

効用が大きかったかどうか

「読んでよかった!」というインパクトで決まる感じです

 

星が少ないからといってダメな本というわけではなく

今回はタイミングが合わなかった、ということです

 

すでに何冊も読んでいる著者の本だと

自分にとってはほぼ「インストール済み」であるため

星は増えにくくなります

 

(追加:考えすぎてしまうので、今は星をつけるのはやめました)

 

 

今月はビジネス・自己啓発系が多かったので次は小説も読みたいなと思ってます 

 

 

f:id:astudyinscarlet:20210326191018j:image

 

 

はじめは読んだ本の管理だけできれば良いという感じだったのですが

「感想を書く」というのが意外と良くて

そういう意味でもブクログが気に入っています

 

自分だけしか見られないのではなく

かといってたくさんの人が見るわけでもない

もしかしたらどこかの誰かが見るかもしれない

というくらいの温度感で感想を書けるというのが

ちょうど良いのです

 

感想を書くのははじめは億劫でしたが、

今では書かないことが気持ち悪いと感じるようになってきました

 

感想を書くということは

アウトプットとしては最低限のもので

その先にこそ本当にアウトプットと呼べるものがあるのだと思いますが

これまで次々に本を読んではその内容を片っ端から忘れていったことを思えば

雲泥の差です

 

ちなみに感想は読んだ直後ではなく

数日置いてからの方がまとまる気がします

 

 

本棚に本が増えていくのも

目に見える達成感という感じで良いです

 

冊数を競うのは違うと思っていますが

それでも自分の読んだ本の軌跡がこうして残るのは

なんというかうれしいものです

 

booklog.jp