ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

ブログを読むことは「価値観のインストール」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

最近とても忙しい。

 

忙しいといっても仕事などではなく、娯楽に忙しいのである。

数日前にとても好みのブログを見つけてしまった。

 

わたしは完璧主義というべきか貪欲というべきか、気に入ったブログはすべての記事を読まないと気が済まない。

 

もちろん、「すべての記事を読む」ほど夢中になるブログというのはそれほど多いわけではないが、それでもこれまでに20近くはあったかと思う。

本当に気に入れば1000記事あっても最初からすべて読む(もちろんそれなりの時間はかかる)。

 

最近知った、ある人が紹介していたブログがとても好みだった。

 

今はそのブログを読むことに忙しい。

読むだけならば別に忙しいわけでもないのだが、それだけ気に入ったブログを読むということは、「刺激を受ける」ということであり、いろいろなことを考える。

行動に影響を受けることもある。

「娯楽に忙しい」と書いたが、単なる娯楽というより、「価値観のインストール」という感じだ。その脳内の忙しさたるや。

 

ブログを読むことは価値観のインストール。

パッと思いついたフレーズだが、妙にしっくり来た。

 

たとえば、本を読むことは「知識のインストール」と言えるかもしれない。しかしわたしがブログに求めるのは知識ではない。

ここでいうブログは、まとめ記事やハック紹介のようなものではなくて、個人の日記のようなものだ。

そこからわたしが得ているものは、その人固有の考え方であり、価値観であると思う。

 

ひとりのブログ、それも数年にわたって書かれているものを読むと、時の流れを感じたり、同じ人の内に変化が垣間見えるのも面白い。

 

それから、わたしは一度気に入って徹底的にすべての記事を読んだあとは、たまにチェックするぐらいの熱に落ち着くことが多い(例外はある)。

「飽きた」という表現は違う気がしている。

一度インストールが完了したら、アップデートの頻度はそんなに多くなくて良い、ということなのかもしれない。