minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

無印良品で私服の制服化/2020秋

以前に夏の服を紹介しましたが 夏の間は休日以外本当にずっとこれを着ていました astudyinscarlet.hatenablog.com まだまだ飽きていないのですが そろそろ秋の装いを考える季節です 今季はユニクロにあまりしっくりくるものがなく こちらにしました 無印良品…

相手によって態度を変えているのではなく、 いろいろな自分を外に出すために様々な相手が必要、なのかもしれない

平野啓一郎氏の分人主義を持ち出すまでもなく 相手によって態度を変える・態度が変わる ということありますよね 良いか悪いかについてはここでは論じませんけれど それは 意識的であれ無意識であれ誰もがやっていることだと思います これについて あるとき突…

睡眠、食事、運動、瞑想/大事なことはだいたい同じ

最近ダイエットや健康に関する本をたくさん読んでいます きっかけは健康診断で 一年で体重が12%増えたんです これは驚くべきことで 私はこれまでダイエットを試みても痩せなかったのですが そのかわりどんなに暴飲暴食をしても太らなかったんです つまりもの…

シンプルボディケア/亀の子たわしでドライブラッシング

しばらくやめていたのですが 最近またドライブラッシングをしています 簡単に言うと ボディ用のブラシで肌をこする美容健康法です 肌もブラシも乾いた状態で行います 血行がよくなるとか リンパを流してデトックスとか 内臓のマッサージとか セルライト予防…

シンプルスキンケア/宇津木式やめました

今年に入ったぐらいから 宇津木式スキンケアをやめています (宇津木式は基本的に何もつけない、少量のワセリンのみ可) astudyinscarlet.hatenablog.com astudyinscarlet.hatenablog.com 石鹸で洗うのみ、という点は変わらないのですが スキンケアを何もし…

大人の余裕、「ハンサム美人なしぐさ」

「ただしいココロ」 をかんがえることにくらべれば、 「ただしいカタチ」 にむかう作業は、手っとりばやく、無駄がないような気がする。 文・堺雅人 (文春文庫) 作者: 堺雅人 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/07/10 メディア: 文庫 この商品を含むブ…

オプティマイザー思考とミニマリスト/アンビバレントな小宇宙

これからは ミニマリストではなく オプティマイザー思考 だそうです オプティマイズ = 最適化 です ここでいう「オプティマイザー思考」というのは 「物事を最適化する」ことに重きを置く考え方です 最小化ではなく最適化、 時代に合った成熟した思考で と…

Neutral/ブログ運営をシンプルに

久しぶりにブログのデザインを変更しました スマホ版のメニューバーをはじめ 機能していない箇所が多々あったのでそれらの修正と 極力スマホだけでブログの維持管理ができるよう なくてもいい部分を消してシンプルにしました ブログのデザインも凝りだすとキ…

L.L.Bean グローサリートート

レジ袋有料化もひとつのきっかけではあるのですが マイバッグを買いました (最近ではエコバッグは本当にエコなのか?という観点から「マイバッグ」と呼ぶようにしています) 使っているのは L.L.Beanのグローサリートートです L.L.Bean(エルエルビーン) ト…

ユニクロで私服の制服化/2020夏

昨今のテレワークなどの流れで 私服勤務になりました 制服でも私服でも良い、という感じなので 制服のスカートにユニクロのトップスを合わせています 今着ているのはこれです クレープジャージーT(五分袖)です オフホワイト、ベージュ、ブラック 3色どれも…

家計簿やめよう。Zaimの代わりを考えてみる

家計簿アプリZaimを利用している。支出や収入の項目を自由にカスタマイズできて重宝していた。ところが先日新しくカテゴリを追加しようとしたら、できない。調べてみれば、カテゴリの編集は「4月2日にメールでご案内させていただきました通り」プレミアムだ…

スチームクリーム UVプロテクション

できれば日焼け止めは塗りたくないのですが そうも言っていられないのでちゃんと毎日塗るようにしています このところ日差しが気になることも多くなってきたので 最近では持ち歩いて手の甲など塗りなおしたりもしています 持ち歩くために購入して気に入って…

持ち歩きハンドジェルとグリセリン

新型コロナウイルス対策による 度重なる手洗いとアルコール消毒で手指の乾燥が気になります 保湿のためハンドクリームやワセリンを使っていたのですが 最近はグリセリンが気に入っています 手だけなら1滴で十分です 無臭で使いやすく すべすべした手触りにな…

現金10万円は砂漠のペットボトル

全国民に一律10万円給付されるようです いろいろな条件をつけて30万円よりははるかに良いです むしろそう見せるためにあえて最初は微妙な案を採用したのではないかというくらい 前者は愚策でした どうしても条件つけたいなら「年金受給者を除く」(もちろん…

毎日つけるシンプルなピアス

髪を切ってから、ピアスをつけるようになりました。 「単なる装飾としてのアクセサリーはもう要らない」なんて達観したようなことを言ったこともありますが、今振り返るとその当時の気分にすぎなかったと思います。 astudyinscarlet.hatenablog.com 仕事も含…

ミニマリストの髪型はショートが多い気がする

ミニマリストの髪型はショートが多い気がする 私は言葉はどうあれシンプルで心地よいのが好きなだけなのだが それがショートヘアに行きつくというのは とても納得できる 長かった髪をバッサリ切って もう一年になる astudyinscarlet.hatenablog.com だいたい…

金がものをいう、やさしい世界

「お金がなくても生きられる」 そんなことを言う人がいる 嘘ではないと思う 万人には当てはまらない、というだけだ お金以外に与えることができるものがあればいい 例えば芸能人などが、お店で「サービスだから食べて食べて」みたいになることがある その理…

恋について

恋 アーティスト:星野 源 出版社/メーカー: Speedstar 発売日: 2018/12/19 メディア: MP3 ダウンロード 恋するに値する人間なんていないから、だから「恋」が必要なんだ、 という話を友人にして 何言ってんの、みたいな顔をされたのは大学生の時だった それ…

1日1日を大切にできる方法

最近あまりブログを書いていませんが 資格試験のために勉強しています 毎日勉強していて感じるのは 今 勉強に費やしている時間を これまでは一体何に使っていたのだろうということです まあ ブログや読書やインターネットや いろいろなことに使っていたのだ…

本当に必要なことはすべて「ひとりの時間」が教えてくれる

人には見せない顔、人が見ない場所、 「ひとりの時間」のクオリティが、その人の品格を決めます。 横田真由子著、『本当に必要なことはすべて「ひとりの時間」が教えてくれる (ミニマムリッチシリーズ)』を読みました。 「ミニマムリッチ」というのは、ご想…

最近の本の読み方、影響を受けた一冊など

最近の本の読み方です。 読書法というよりは、姿勢的なものです。 私の「読書の記録」方法についても紹介します。 本は買って読む 雑誌は図書館で読む 昼休みは「再読」の時間 ビジネス書・自己啓発書は、量を読むより実践する 最近いちばん影響を受けた本 …

ギャンブルをすると人に優しくなれる説

JRA重賞年鑑Gallop2019 (週刊Gallop臨時増刊) 作者: 出版社/メーカー: サンケイスポーツ 発売日: 2019/12/31 メディア: 雑誌 有馬記念で初めて競馬をやってみました これまで私は宝くじすら買ったことがなく おそらくこれが人生初のギャンブルだと思います …

満足感のある買い物に必要なもの/ジョンストンズのストール

今週のお題「2019年買ってよかったもの」 最近少しばかり高い買い物をしまして 高いと言っても私にとっては高いということなんですけれども ジョンストンズのストールを買いました 以前にルイヴィトンのストールを手放した話をしていますが astudyinscarlet.…

さらに小さく、能率手帳「小型版」

来年の手帳を買いました 能率手帳です 能率手帳は以前も使っていたことがありますが 今回選んだのは「小型版」です astudyinscarlet.hatenablog.com その名の通り 通常の能率手帳より ひとまわり小さいです コンパクトで軽いものを求めていたのでこちらにし…

自然と「なんにもいらない」と思うようになった

astudyinscarlet.hatenablog.com 「図録は買わない」と決めつつ ポストカードを買ったりしていたのですが それもやめました 図録の時のように 理由を並べて「買わないことに決める」わけではなく 自然と「買う必要がない」と 思うようになりました 美術展を…

日経ビジネスアソシエ休刊/どうしてこうも手帳に惹かれるのだろう

来年の手帳をどうしようか悩んでいる 悩むというほど深刻でもないが 毎日使うもの、使い続けられるものを選ぶ必要があるので まあそれなりには考える astudyinscarlet.hatenablog.com 「手帳を使わない」ということも何度かやってみているのだが 今はやっぱ…

「ときめき」はここにあった

美術館に行くという新しい趣味を手に入れ 暑苦しいくらいの情熱をもって絵画を見に出かけていたのですが それも少し落ち着いてきました きっかけは大きく2つあって ひとつめは「コートールド美術館展」で ある程度の満足感を得てしまったこと もうひとつは …

芦田愛菜「まなの本棚」

私はいわゆる本の虫というのではなく 読書への熱には波があるのですが 最近は読書熱がとても高いです そのことに少なからず関係している本があります 「まなの本棚」、芦田愛菜さん著です まなの本棚 作者: 芦田愛菜 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/0…

「被災地」って呼ばないで

これがとってもデリケートな話題だということはわかっているのですが 少しだけ 気分を害される方がいらっしゃいましたら申し訳ありません 「被災地」とか「被災者」という呼び方が 好きじゃないんです 〇〇県とか〇〇市とか、〇〇町とか、そういうのが全部奪…

原則買わないもの、それでも買ってしまうもの

最近美術館によく行くようになったのですが ひとつ決めていることがあります 「図録を買わない」ということです 図録は重いしかさばるので 持ち帰りや家での保管が大変です 原則買わないと決めているので 図録を買おうかどうか迷わずにすみます (あとで「や…