minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

【スマホ脳】だけどやめられない、だからやめられない。

 

 

 

 

話題の「スマホ脳」を読んだ

 

新しいことを学ぶと脳はドーパミンを放出する。それだけではない。ドーパミンのおかげで人間はもっと詳しく学びたいと思うのだ。

 

食欲、性欲、睡眠欲なら動物にもある

それに対して

学びたいという知識欲は

動物になはい人間の知的な部分、

のような気がする

 

ところがそれは

知的好奇心や知的探究心なんて上等なものじゃなく

食べ物があるときにはできるだけ多く食べる

というのと

同じ理由から来ている

 

情報も食料と同じく

生き延びるために必要だから

だから欲するように進化した

 

情報を欲することは遺伝子に組み込まれた本能で

 

もっと本を読みたい

もっと知りたい

もっと学びたい

もっと知識を得たいというのは

動物的な衝動に従っているだけで

 

つまり

「肩が凝るまでスマホで電子書籍を読み耽ってしまう」ことは

「ケーキバイキングで気持ち悪くなるぐらい食べてしまう」のと

原理的にはほとんど同じなのだ

 

 

私はKindle Unlimitedを使い始めてから

目に見えて読書力が増えた

ひと月で20冊読んだ月もあった

 

(追記:数ヶ月後には、ついに月40冊を超えた)

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

どうしてそんなことができるのか

 

もっと情報が欲しい、というのは

生き延びるためには情報が役立つという生存本能からくる

プリミティブな欲求だからだ

 

情報を求めて次々に本を読み漁ることは

高度に知的な文明人というよりは

ドーパミン実験でレバーを押し続けるラットに近い

脳は新しいものが大好きだ

 

どの本のどの部分に

どんないい情報があるかわからない、

というランダム性も

「夢中にさせる」強力な要因だろう

 

 

皮肉で残酷な実態を暴かれた気分になった

 

だからといって簡単にやめられるものではないが

 

スマホとの付き合い方は

もう少し考えた方がいいのかもしれない

 

巻末の「デジタル時代のアドバイス」は

さっそくやってみようと思う

 

スマホ脳(新潮新書)

スマホ脳(新潮新書)