ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

12月・冬のモネの池

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

去年の12月、行きたかった場所に行ってきた。

 

岐阜県関市にある根道神社の池、通称「モネの池」。

 

この場所を知ったのはその時からちょうど1年前、2015年の忘年会の席だった。

たまたま隣に座った、いつもは会わない部署の人が写真を見せてくれたのだ。

ぜひ行ってみたいと思ったものの、特に行動することもなくそのまま忘れてしまった。

年の瀬になり、「何かやり残したことはないかな」と考えていて、ふと思い出したのがこの場所であった。

 

きれいに見えるかどうかは、季節や天候にもよるらしい。

今の季節は桜も紅葉もない。

それでも、一度その気になったら機を待つ気分にはなれなかった。

めずらしくわくわくして、「SNSで話題になった場所へ(しかもちょっと遅れて)出かける」という若干の恥ずかしさなどはすっかり忘れていた。

 

次の休みを利用してさっそく行くことにした。

昔だったら、写真を見るだけで、「いつか行きたいなあ」で済ませていたかもしれない。

しょっちゅう遠くへ出かけるというわけではないが、以前よりもフットワークが軽くなっていると感じる。

 

f:id:astudyinscarlet:20170614170920j:plain

 

季節柄か、思ったよりも人が少なかった。

 

もっと観光地化されているかと思ったが、思った以上に商売気がない。

神社の池だから当然といえば当然だが、入場料みたいな野暮なこともしていない。 

 

湧き水だから綺麗なんだよ、でも昨日雨が降ったから少し濁っているね、今日は寒いから、鯉もあまり動かないね、紅葉の時期に来るときっともっと良いんだろうね、と物知り顔で語る人。

きれーい、と感嘆する人。

写真の方が綺麗だったね、とがっかりする人。

三脚を立ててカメラを構える人。

ハート柄の鯉を探してはしゃぐ人。

スマートフォンで写真を撮る人。

辺りの植物の名前を推測する人。

 

観光客はみな思い思いのことを憚りなく口にし、パシャパシャ写真を撮って帰っていく。長居はしない。

 

その中に一人、ただ静かに池を見ている男性がいた。

写真を撮るわけでもなく、ただ眺めている。

ほかの人の邪魔にならないように、ときどき場所を変える。

なんかいいなあと思う。

 

これが正しい態度なのかもしれない。

きれいなものを見たときの反応が、「さっとスマホを出して写真を撮る」である自分。

きれいなものを保存したいという傲慢。自分のものにしたい。この瞬間を切り取って、自分のものとして持ち帰りたい。

 

あとで見る写真のために、世界と自分との間にフィルターを介すること。

どう切り取るかに夢中になり、四角いフレームの外には目が行かなくなること。

あるいは、目の前の景色を、すでに目にしたインターネットの写真と比較してしまうこと。

それでも、真に豊かであるとは言い難いこれらの行為がなければ、そもそもこの景色を知ることはなかった。

 

わたしは誰かが撮った写真を見てここへ来て、似たような写真を撮る。

そしておそらく、同じように写真を公開するのだろう。

もしかしたら、その写真を見てここへ来る人もいるかもしれない。いや、今更それはないか。

 

そんなことを考えながら、ミーハーな観光客のひとりであるわたしはスマートフォンで撮影に興じ、間抜けなシャッター音を響かせた。

 

f:id:astudyinscarlet:20161214192724j:plain

 

空は薄曇り。

日が差すと、鯉の影が水底に映る。

 

鮮やかな錦鯉も良いが、普通の黒い鯉が美しい。

鯉は真上から見ることが多いが、そうすると黒い鯉などはただ地味なだけで、鮮やかな鯉の引き立て役にしかならない。

ここではいろいろな角度の姿が見える。

紫がかった体の濃淡や、ひれの造形までが透き通る。

 

水面には神社の木々や空の雲が映る。

インターネットで見た鮮やかな水色の写真に、さすがにそれは嘘だろう、と思っていたが、快晴の空が映ったらあの色になるのかもしれない。

 

ふつうにシャッターを押すだけで、絵画のような雰囲気。

f:id:astudyinscarlet:20170614171614j:plain

 

この日は曇っていたが、ちょっとした光の具合でも色が変わる。

風が吹き、水面にさざなみが立つ。

鯉の跳ねた場所から輪が広がる。

木から枯れた葉が落ちる。

季節や時間帯によって、きっと様々な表情を見せるのだろう。

 

f:id:astudyinscarlet:20161216105616j:plain

 

冬の池は、モネというより日本画のよう。

 

12月の景色にも風情があるが、やはり睡蓮の咲いた鮮やかな景色も見てみたい。

季節が巡ったらもう一度訪れてみようと思っている。