ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

カフェラテを買うように本を買う

 

なにげなく手にとった雑誌の中に、とても良いフレーズを見つけました。

 

 

「カフェラテを買うように本を買う」。

 

 

わたしは甘い飲みものは飲みません。

したがって、カフェラテを買う習慣もありません。

 

ですが、このフレーズがとても気に入ったので、ふとした瞬間に思い出しては、わたしもカフェラテを買うように本を買う人になりたいものだと思い巡らせています。

 

面白い本や役に立つ本を必死に探すのではなくて、もっと気軽に、なんとなく気になったものをその時の気分で手に取る。

タイトルや中身ではなく見た目で選んでも良いし、それこそ「カバーの色が今日の服装に合うと思ったから」という理由で選んだって良い。

 

最近では「なんとなく使ってしまう少額の出費」 を「ラテマネー」などと呼びますが、こんな豊かな「ラテマネー」だったら素敵です。

 

 

「カフェラテを買うように本を買う」というのが誰の言葉だったかよく見ていなかったので、今度本屋さんに行ったらもう一回見てこようと思っています。

 

POPEYE(ポパイ) 2017年 9月号 [君の街から、本屋が消えたら大変だ! ]

POPEYE(ポパイ) 2017年 9月号 [君の街から、本屋が消えたら大変だ! ]