minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

おいしい温度

 

 

 

 

最近ハーブティーなど飲んでみている

 

コーヒーの強い味に慣れた舌には

ハーブティーの味というのはなんだがぼんやりして

どうもよくわからない

 

味も香りも

湯気とともにほとんど消え去ってしまう

 

 

さして美味いわけでもないが

まあこんなものか

 

今に始まったことではない

昔からずっと

ハーブティーなんていうのは

こんなものだ 

 

なんとなくおしゃれで

体によさそうで

その実なんだかよく分からない味がする

それがハーブティーだ

 

 

4品選べる△ティーバッグ 4個Pack×4種類(計16個)送料無料

 

 

 

ある日の仕事の合間

すっかり冷めきったハーブティーを

やっつけで口に運ぶと

美味しくて驚いた

 

ほとんど常温のハーブティーは

やさしく染みわたるような

まさにリラックスという感じの飲み物だった

 

淹れたばかりのときには雲散霧消していた味と香りは

冷めると再び戻ってくるらしい

 

  

 

飲み物には「おいしい温度」がある

 

熱いスープも

冷たい麦茶も

 

その美味しさは「温度」抜きには成り立たない

 

 

味覚はとてもあやうい

 

同じ飲み物でも

温度によって美味しくもイマイチにもなる

 

私にとってのハーブティーの「おいしい温度」は

意外にも常温だった

 

「常温」なんて

味を犠牲にして

美容健康のために仕方なく採用する温度だと思っていた

 

 

冷静に考えてみれば

去年の夏はマイボトルで常温の水を飲んでいたし

コンビニで水を買うときも常温のものを買っている

後者は水滴も考慮してのことではあるが

たしかに私は常温の水を自ら選んで飲んでいた 

 

 

一方で

ケトルでお湯を沸かすこともあれば

冷蔵庫で水を冷やすこともある

 

白湯と冷たい水と常温の水は

同じ元素でできているとは思えないほど

違う味がする

 

 

「常温」は妥協の温度ではない

 

これからは

「常温」もおいしい温度のひとつとして

意識してみようと思う