minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

はじめて聴くCDのプレイボタンを押すときの感覚

 

 

 

 

時代は新元号を迎えようとしているが

未だにCDを買っている

 

音楽はデータで買うことも覚えたが

なぜだかCDを選んでしまう

 

つい最近もCDを買った

 

THE ANYMAL(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

THE ANYMAL(初回生産限定盤)(DVD付)(特典なし)

 

 

 

 

あたらしい音楽は良い

 

昨日とさして変わらない一日が

とてつもなく新鮮に感じられる

 

はじめて聞くCDのプレイボタンを押すときの感覚は

Youtubeを再生するときにはない特別なものだ

 

 

CDはいつまでその姿を残すのだろう

 

「最初に買ったCDのアーティスト名は?」

 

というのは

 

パスワードを忘れたときの「秘密の質問」でたまに見かける文句だが

 

私が「最後に買うCD」は

いったいどんな音楽で

それが訪れるのはいつのことになるだろう

 

CDという

扱いに気を遣うフラジャイルなものを 

そっと再生機器にのせる行為には

レコードほどではないが儀式的な要素があると思う 

 

電子書籍より紙の本が好き、という人は多いが

デジタルミュージックよりCDが好き、という人はあまり聞かない

 

CD自体

デジタルデータの媒体でしかない

 

人型や犬型のロボットに感情移入するように

 

機械や媒体に「それ以上」の価値を付加してしまうのは

テクノロジーが発達しても残る感覚なのかもしれない