minimalist's microcosm

ミニマリストの小宇宙

泊まれるブックカフェ・ランプライトブックスホテル名古屋

 

 

  

「本の世界を旅するホテル」がコンセプトの、 

「ランプライトブックスホテル名古屋」に宿泊しました。

 

LAMP LIGHT BOOKS HOTEL nagoya ランプライトブックスホテル名古屋

 

 

 

 

外観

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123306j:plain

 

暖色の灯りに惹かれます。

道を挟んでローソンがあります。

 

 

本屋&カフェ

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123430j:plain

 

1階が24時間営業の本屋とブックカフェになっています。

 

カフェは宿泊しなくても利用できます。

 

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123543j:plain

 

旅に関する本やミステリーをメインに取り揃えているとのこと。

 

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123514j:plain

 

私の好きなシリーズがそろっていたのでちょっとうれしい。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

客室

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123601j:plain

 

いちばんシンプルなタイプの部屋です。

TVの位置が微妙なのは、TVじゃなくて読書を、ということなのでしょうか。

 

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123631j:plain

 

ベットサイドに本棚。

部屋にはランダムに3冊の本が置かれているとのこと。

 

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123654j:plain

 

読書スペースがあるのは本をテーマにしたホテルならでは。

床からちょっとだけ高い部分は荷物を広げるのに便利でした。

 

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123800j:plain

 

シャワーのみで、バスタブはありません。

シャンプー、歯ブラシなどの一般的なアメニティはだいたい揃っています。

 

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123850j:plain

 

ポットでコーヒーを淹れました。

(コーヒーは持参したもの。ホテルに泊まるときはいつもドリップパックを持っていきます)

 

これは持っていた本ですが、宿泊者は1冊のみ本を借りることができます。

フロントで交換もできるとのことです。

 

私の恋人 (新潮文庫)

私の恋人 (新潮文庫)

 

 

 

朝食

 

f:id:astudyinscarlet:20190216123904j:plain

 

朝食は1階のカフェで。

好きなパンを2つ選ぶシステムでした。

 

朝食は7時からなので、朝早く予定がある場合は注意が必要です。

 

 

感想

 f:id:astudyinscarlet:20190216123831j:plain

 

 

似たようなところでは

「BOOK AND BED TOKYO」も利用したことがあるのですが、

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

人におすすめしやすいのは、今回利用したランプライトブックスホテルの方です。

 

BOOK AND BED TOKYOは個室ではないのでプライバシーという点は微妙ですし、シャワーや洗面所も共用なので、順番待ちになることも。

タオルやナイトウエアも自分で用意する必要があるので、荷物が多くなるのも難点です。

(それでも非日常的な楽しさは魅力的です)

 

 

ランプライトブックスホテルは完全に個室で、ふつうのビジネスホテルと同じ感覚で利用できます。

 

シャワーや洗面所も人目を気にせず好きなタイミングで使えますし、 

やはり個室の方が落ち着いて過ごせます。

 

BOOK AND BED TOKYOでは見かけなかった、スーツ姿の方もいました。

ビジネス利用でも十分使えると思います。

  

言ってしまえばブックカフェが併設されているホテル、なのですが、

だからこそ使い勝手が良いのかもしれません。