ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

・ミニマリストの小宇宙・

「ブログには、あなたのことを書きなさい」

 

  

 

 

わたしは参加したことがありませんが、ブログ運営のセミナーなどでは、「読者の役に立つ記事を書きましょう」ということが言われるようです。

 

わたしはこれに違和感があります。

反論というわけではないのですが、わたしは、

 

ブログには、役に立つことなんて書かなくていい

と思っています。

 

  

だいたい「役に立つ情報」なんてもう溢れすぎていて飽和状態です。

 

 

 

自己啓発本っぽく言うなら、

 

「ブログには、あなたのことを書きなさい」。

 

あなたが調べたことではなくて、

あなたの感じたことや価値観が読みたいんです。

 

 

f:id:astudyinscarlet:20180809124751j:plain

 

 

たとえばこのブログには、わたしが書きたいから書いただけの記事がたくさんあります。人様の役に立つとは思えません。

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

はっきり言ってまずい文章です。でも、どんなに下手でも、自分にしか書けないものがあります。

それが「自分が何を思ったか」ということです。

 

自分の考えや価値観を、他の人が書くことはできません。

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

  

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

パン屋はパン以上にいい匂いがするということも、マンボウのことも、そんな話はあまり聞いたことがありません。ネットで調べても、見つかりません。誰にでも、これに似たことがあると思います。

わざわざ人に話すほどではないけれど、ずっと片隅にあるなんとも言えない感情とか、ちょっとした違和感とか。

 

自覚して書いたものだけではなくて、本人はふつうに書いたつもりのブログの中に、そういうものが転がっていることもあります。

 

 

教科書通りのブログ記事には、そういう余白がないのです。

 

 

 

自分の思ったことというのは誰にでも書けます。調べたりする必要もありません。

でも、それが「あなたにしか書けないこと」なのです。

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

ブログを書くということは、

「たくさんの読者様のために、役に立つ情報をお届けする」ことではありません。

 

 

ブログというのは個人の日記です。

 

そこに価値を見出すのは、読む人しだいです。

 

役に立つかどうかというのは、書く側が必要以上に気にすることではなく、読んだ人が判断することです。

 

 

astudyinscarlet.hatenablog.com

 

 

 

本当に役に立つことというのは、一見役に立ちそうもないように見える中にこそ隠れているものだと思います。

 

だから、分かりやすさを求めて削ぎ落としすぎない方がいい。

整えすぎたブログはつまらない。

 

その「一見無駄に見えるもの」は、あなたにしか書けないことかもしれません。

それこそが、「個人のブログ」の価値だと思います。