ミニマリストの小宇宙

ミニマリストの小宇宙

minimalist's microcosm

【夏の定番】今いちばん着たい服/好きなものを知る、ということ

わたしは夏の時期の「好きな服」とか「着たい服」というのがわからなくて、夏の服については「冬の服よりもたくさん持っているけれど満足度は高くない」という状態が長く続いていました。 自分が何が好きなのかわからない、というのは、「おなかは空いている…

シンプルであることはなぜ美しいか

わたしはわりと安易に「シンプル」と言ってしまうのですが、一方で、「シンプル」という言葉を軽く扱うことに少し抵抗も感じています。とはいえここを突き詰めると深みにはまりそうなので、これからも気軽に「シンプル」という言葉を使うと思います。 (以下…

ウチに来ても何もないよ。

またか。 どんなに恐ろしいことも、2度目となると多少は冷静でいられるようだ。 前にも一度同じことがあった。 換気扇の中に誤って入ってしまった鳥が、出られなくなってもがいている。 そんなにウチの換気扇は魅力的かね? 前のときは、どんな生き物がどこ…

つまらない飲み会の楽しみ方

最近、面倒なことからも意味を見出せるようになっている。 例えば会社の飲み会。 以前は時間の無駄としか思っていなかったのが、最近では自分なりの楽しみ方を見つけた。 話が合わない人の話こそ聞く、ということだ。 本もネットも好きなものばかり読んでい…

【シンプルに装う】ユニクロのTシャツ×デニム

最近気に入っている休日の服。 白のTシャツとデニムの、これ以上ないくらいシンプルなコーディネートです。 Tシャツ丨UNIQLO デニム丨UNIQLO パンプス丨Crocs デニムはずっと着ているもの、Tシャツは今年買ったもの。 いたってシンプルな、プレーンなTシャツ…

あえて「モノ」で買うもの、その理由。

かつて新しい音楽は、銀色の円盤によってもたらされた。 あの頃オレンジレンジが好きだと言っていた彼女らは今何を聞いているのだろう CDは、一度すべて手放しました。 すべてのCDを手放した 「感銘を受けた本」は手放していい 本については、これまでも電子…

あの頃オレンジレンジが好きだと言っていた彼女らは今何を聞いているのだろう

(去年の10月に書いた記事です) 「好きなアーティスト」を聞かれて、その当時一番人気のあるメジャーアーティストの名を挙げていた、誰の周りにもいたであろう彼女たちの話。 わたしは好きなアーティストを聞かれると困る。好きでもないアーティストの名を…

「習慣を断ち切る」方法

astudyinscarlet.hatenablog.com 今年の1月から、ラジオを全く聴かなくなった。これまで四六時中ラジオを聴いているような生活だったから、多少はさみしくなるかと思ったが、何のことはない、至って平気で楽しく忙しく過ごしている。結局これも習慣なのであ…

「時間を奪うもの」を断ってみる

(今年の2月に書いた記事です) ラジオが好きで、ほぼ毎日聞いていたのですが、数日前から一切聞くことをやめました。 時間がなくなるから、というのがその理由です。 少し前に、タイムフリー(タイムシフト)機能というものが始まりました。1週間分の番組…

毎日使うもの・無印良品のヘアブラシ

わたしが朝起きてまずすることは、スマートフォンのアラームを止めること。 アラームより先に目が覚めた場合は、スマートフォンで時間を確認すること。 どちらにしろ、起きてまず手にとるものはスマートフォンです。 次にすることは、髪をとかすことです。 …

インターネットで生き方を調べる

「インターネットで生き方を調べる」 「行き方」の誤変換でできたこの一文に思わず手を止めた。 今はそういう時代なのかもしれない。 わからないことはなんでも検索エンジンに質問。それ以外の方法なんて知らない。 それにしても、「生き方を調べる」という…

電子マネーで香典を出す日

電子マネーで香典を出す日は来るか。 通夜の席でそんな不謹慎なことを考えていた。 結婚のご祝儀などはまだハードルが高いが、もう少しラフなもの、出産祝い、入学祝い、就職祝いなどでは、お祝いにギフトカードを送ることにそれほど違和感はない。入学祝い…

服の数を数えることに意味はない、のかもしれない

以前に一度服の数を数えてみましたが、あれからいろいろと買ったり手放したりで変わっています。 しかしもう数えるのはやめました。 持っているトップス全部(14枚・オールシーズン) 持っているボトム全部(7枚・オールシーズン) 手放すときこそ学ぶとき…

リピート買いする『夏の愛用品』

夏の時期の愛用品。といっても消耗品です。 おそらく2年ぐらい前からリピートしていると思います。 ひざ下ストッキングです。 秋冬はほぼ黒のタイツを履いていますが、夏はそうもいきません。 種類に特にこだわりはありませんが、手に入れやすいのでだいたい…

捨てるきっかけ。映画を見たらモノを捨てたくなった話

最近は「持ち物の多寡」ということにあまりこだわりがなくなり、積極的に捨てたり手放したりということをしていなかったのですが、あるきっかけで少しモノを捨てました。 きっかけというのは、映画です。 わたしは映画が苦手で、ほとんど見ません。見ても理…

オシャレとの距離感/結局ユニクロのシンプルに落ち着く。

今年はけっこう服を買いました。 が、買った服のいくつかはすでに手放しています。 きれいな服を着るのは気分が良いですが、疲れました。 デスクワークが中心ではありますが、動きにくい服では、ちょっと立ち上がるのもおっくうに感じます。 どんなにきれい…

手放すときこそ学ぶとき/手放す服について、その理由を考える

最近手放した服についてです。 今後の参考のために、手放した理由を書いていきたいと思います。 nano universe・レーススカート&ツインニット PICCIN・白のドルマンニット UNIQLO・ピンクベージュのブラウス UNIQLO・白の半袖ブラウス UNIQLO・白のリネンブ…

職場で服がかぶる話。服がかぶったら、客観的に見るチャンス

少し前の話になりますが、職場の人とよく服がかぶっていました。 かぶるのは「ユニクロのボーダー」です。 「ボーダーがかぶる」ということだけでなく、ユニクロの、全く同じ服。 彼女はわたしより少し年上、普段のファッションはわたし以上にカジュアルです…

雨の日も。オフィスで履けるクロックス「リオ・フラット」

特に探してはいないけれど、漠然と「いいのがあれば欲しい」と思っているモノがいくつかあります。 そのひとつがレインシューズでした。 数年前に愛用していたものを履きつぶしてから、似たようなものがあれば欲しいなあ、という思いをなんとなくずっと持っ…

6月のモネの池 & あじさいロード

睡蓮が咲いているのを見たかったので、再び「モネの池」を訪れました。 このあたりは紫陽花が有名とのことで、6月はいちばん良いシーズンかもしれません。 周辺の景色 根道神社 あじさい園 モネの池(朝) あじさいロード モネの池(昼) 周辺の景色 前回来…

5月・初夏のモネの池

「そのうちまた訪れたい」と思った場所でも、その後本当に訪れることは少ない。 機会があれば、と思った歌舞伎にも、あれから足を運んでいない。 初心者の歌舞伎鑑賞 しかし2度目があることもある。 去年訪れたモネの池。 季節が巡ったので再び訪れることに…

12月・冬のモネの池

去年の12月、行きたかった場所に行ってきた。 岐阜県関市にある根道神社の池、通称「モネの池」。 この場所を知ったのはその時からちょうど1年前、2015年の忘年会の席だった。 たまたま隣に座った、いつもは会わない部署の人が写真を見せてくれたのだ。 ぜひ…

春~初夏、通勤によく着たコーディネート3つ

最近までの、通勤によく着ていたコーディネートです。 ブラウス×レーススカート サマーニット×ラップスカート ドルマンニット×ワイドパンツ ブラウス×レーススカート ブラウス丨UNIQLO スカート丨nano universe 最初は慣れない気分でしたが、見慣れてきまし…

「定番」と「外し」

少し前に、「定番のヘアスタイル」を決めました。 クリップでアップにする、というもの。 ヘアスタイルを定番化。髪型はワンパターンが快適&合理的 最近は、定番から外れて、ポニーテールにすることが多いです。 元気な感じではなくて、低い位置で落ち着い…

ブログを読むことは「価値観のインストール」

最近とても忙しい。 忙しいといっても仕事などではなく、娯楽に忙しいのである。 数日前にとても好みのブログを見つけてしまった。 わたしは完璧主義というべきか貪欲というべきか、気に入ったブログはすべての記事を読まないと気が済まない。 もちろん、「…

好きな服、着たい服を着る/ユニクロのブラウス × レーススカート

今年はスカートを2枚買っています。 こちらはすでに紹介したもの。 ベージュのスカートの着回し 4パターン もう1枚の方はレーススカートです。 色味は落ち着いたトーンですが、ピンク系なので普段のわたしからするとちょっと華やかです。 ニット丨nano univ…

根をもつこと、翼をもつこと

ほんの少し体を使う仕事をしたのだが、そのせいで背中がひどく痛い。 日頃の運動が著しく不足しているせいである。 風呂場の鏡で背中を見る。 息をするだけでも痛むのに、見た目には何の変化もないので不思議な感覚になる。 あんまり痛むから、そろそろ羽根…

カーネギー「人を動かす」は、自分にも恐ろしいほど当てはまる

結局人は誰でも自分が好き。 一番興味があるのは自分のこと。 わたしは「新しく読者登録してくれた人のブログ」は必ずチェックしています。 もちろん、その後もすべてのブログを追い続けることはできませんが、必ず一度は目を通します。 それはお礼でも何で…

持ち物の量と、「新しい環境への抵抗感」は比例する

飛行機の窓から見る世界と、見られている側の世界 「モノを捨てよ世界へ出よう」 飛行機の窓から見る世界と、見られている側の世界 こういう時代なので、わたしのような一般庶民でもたまに飛行機に乗って海外旅行など行くことがある。 飛行機の小さな窓を覗…

コーヒーは冷めていく過程を楽しむものである

「コーヒーというのは、冷めていく過程を楽しむものだよ」 店はあか抜けないが、すこぶる美味いコーヒーを出す喫茶店だった。 わたしは熱いコーヒーが好きだ。 冷めたコーヒーなんて飲む気がしない。 酒も煙草もやらないわたしの唯一の嗜好品が、熱いコーヒ…

なぜ自分で片づけることが必要か

職場に、「整理収納アドバイザー」を名乗る人物から電話があった。 近々独立開業するので仕事をくれないかという。 こういった営業の電話は丁重にお断りするのだが、その電話が少し気になっていた。 整理収納アドバイザー。 おそらく整理収納のアドバイスを…

白 × ベージュ の通勤コーディネート。去年と少しだけ変わりました

去年の夏に着ていたコーディネート。 ユニクロで「涼しそうな服」を買う。オフィスにもOK。 モノトーンも好きですが、白とベージュは柔らかい雰囲気で良いです。 このブラウスは涼しくて良かったのですが、わたしが着ると野暮ったく見えます。 今年は、トッ…

手元に置いて読み返したい本

読んだ本は手放します。 先日紹介した又吉さんの「劇場」も、今は手元にありません。 又吉直樹『劇場』と、「読むとモノを捨てたくなる本」 ですが、稀に「これはしばらく手元に持っておきたい」と思う本もあります。 そういう本は、気が済むまで手元に置き…

捨てたものを忘れてしまうのは、その程度のものだったから

断捨離して良かったもの、なんていう記事を目にすることがある。 わたしは捨てたものはほとんど忘れてしまう。 これはちょうど、「いつも通る道に新しい店ができたが、前に何があったのか思い出せない」という感覚に似ていると思う。 これまで確かに目にして…

1品のみ。お弁当作りはシンプルに

料理には「ものづくり的な癒し」がある 最近、たまにですがお弁当を作っています。 いろんなものを少しずつ。 栄養のバランスも考えて、彩りよく、見た目もきれいに。 なんとなくですがお弁当にはこのようなイメージがあります。 お弁当は人に見られることが…

オシャレであることは強い。

会社で、尊敬されている人がいる。 その人は広告やいろいろなデザインを手掛けている。 それがセンスが良くてオシャレであるので尊敬されているのだ。 もちろんその人自身もオシャレである。 偉い立場の人ではない。 肩書があるわけではない。 学歴は知らな…

ベージュのスカートの着回し 4パターン

以前から考えていた明るめのスカートを買いました。 ひらひらしたのは好みでないので、比較的タイトなシルエットのものです。 どんなコーディネートで着るかも考えて買ったのですが、一応持っている服をいろいろ合わせてみました。 オフホワイトのサマーニッ…

又吉直樹『劇場』と、「読むとモノを捨てたくなる本」

又吉直樹さんの「劇場」を読みました。 劇場 posted with ヨメレバ 又吉 直樹 新潮社 2017-05-11 Amazon Kindle 楽天ブックス 「恋愛小説」という触れ込みだったのでちょっと躊躇していたのですが、ある人の感想をきっかけに手に取りました。 主人公は売れな…

持てば持つほど欲しくなる

The more we have, the more we want. 持てば持つほど欲しくなる。 どこかでチラッと見た一文ですが、なかなか的を得ていると思います。 持てば持つほどもっと欲しくなる。 しかし、持てば持つほど、得たものに対して感じる満足は減っていきます。 限界効用…

買うときも手放すときも。「モノ」は「コト」のために。

「モノ」から「コト」へ。 すでに使い古された感のあるフレーズになってしまいましたが、最近思うことがありました。 これが言われるのは主に消費についてで、「モノ消費」「コト消費」などと使われているイメージがあります。 商品そのものではなくて、ライ…

イメージの罠。ちょっと欲しい気がするけど買わないサンダルの話

サンダルを持っていません。 暖かくなると、サンダル買おうかなー、という気分になることがあります。 去年はサンダルを買ったのですが、旅先でなくなってしまいました。 今年も、サンダル買おうかなー、という気分になる時期になりました。 でも、たぶん買…

服の数より大事なこと

実際に持っている服を数えてみて、服の数はあまり問題ではないかもしれないと思いました。 わたしは21枚も服を持っていながら、季節の変わり目に着るものに悩んでいたのです。 持っているトップス全部(14枚・オールシーズン) 持っているボトム全部(7枚・…

冬~春先、季節の変わり目に着るコーディネート

季節の変わり目など、何を着るか迷うときによく着ている服があります。 こちら↓の2番目の服です。 夏のオフィスワードローブを公開。ミニマリストOLは6枚で通勤中 地味ですし、あまりオシャレとは言えませんが、自分にとっては何年も着ている定番のスタイル…

「持たない理由」は必要ない

今のわたしの場合、何かを買うときには理由を求めるけれど、手放すときにはたいそうな理由は必要としていません。 (買うときの理由も、別にたいそうなものではありませんが) 一般的には逆だと思います。 浜崎あゆみの歌に、「恋愛の始まりに理由はないが、…

バッグを手放した

この記事を書いたばかりで、まだ舌の根も乾かぬ内ではありますが、バッグを手放しました。 ユニクロ×エピスのかごバッグ & 休日のかばんの中身 GWの使用でかなりくたびれてしまいました。 砂埃のたっているような場所にいたので、そのせいもあるかもしれま…

ノックスブレイン(knoxbrain)のシンプルな手帳がノート代わり。

今年からまた紙の手帳に戻しています。 手帳にこだわっていたのはたぶん人生を充実させたい願望の表れだったのだろう ちょっとしたメモなどを書くのには紙の方が良いので、手帳を持っていないときでも小さいノートは持っていたのですが、やはり手帳を持つこ…

持ってなくても楽しめる。最近の趣味の話

最近よく本を読みます。 もともと本を読むのは好きな方ですが、今は古い作品を読むことに凝っていて、時間を見つけては少しづつ読んでいます。 少し前に、持っている本はほとんど手放しました。 今も手元に数冊ありますが、これはずっと取っておく愛蔵書とい…

ユニクロのリネンブラウス & 休日のコーディネート

先日ユニクロで買ったもの。 リネン混の白のブラウスと、トートバッグです。 トートバッグについてはこちらで書いています。 ユニクロ×エピスのかごバッグ & 休日のかばんの中身 持っているトップスでいちばん多い色が白ですが、この季節は特に白のトップス…

ユニクロ×エピスのかごバッグ & 休日のかばんの中身

2年ぐらい、無印良品のショルダーバッグを毎日使っています。 気に入っているのですが、ちょっと使いづらい場面もあるため、小さめのシンプルなトートバッグがあるといいなあとなんとなく思っていました。 特に探すことはしていなかったのですが、先日ユニク…

持っているトップス全部(14枚・オールシーズン)

左から ・ベージュのロングカーディガン UNIQLO 先日買ったものです。 ・オフホワイトのサマーニット NOLLEY'S これは気に入っているのですが、あまり活用できていません。 ・白の半袖ブラウス UNIQLO 気に入ってはいますが、透けるのでインナーに気をつかい…